ゆまにて日記

京都・左京区の鍼灸院 女性鍼灸師ゆにからの毎日のお知らせ

体の力、抜きたいねえ

連休前半は暦通り(土曜は仕事)で、飛び石連休。

 

土曜はお休みモードの方が来られて、連休はゆっくりできたらいいですね…と送り出すことが続きました。

 

山がいい色になってきたなあ。最高の季節。

 

「肩を動かすような運動も楽しくやれてるんだけど、

やっぱりどうしても肩のコリがとれないんですよね〜」

 

という方があって、話しているうちに、

 

「どうも、力が抜けない」

 

っていう話に。

 

 

 

私も高校生のころ、自分が鍼灸師になるひとつのきっかけになった鍼灸の先生に、

「ふつうに生活するのに、力入れすぎ。もっと力抜いてね。」

と言われたことがあります。

施術受けるのに横になってるときに言われたんだから、どんだけ力入ってるんだ、って話です。

 

でも、そういう方、けっこういます。

っていうか私も今でもそういう時あります。

 

同じ姿勢でずっと座ってパソコン仕事してる、とかは、わかりやすく

「同じ形に体を固めるように筋肉を使っている」

ということなので、そりゃ、こります。

 

 

でもそうでもないのにな、体動かす時間も取ってるし、デスクワークもそんなにしてないし…

なのに肩が、腰が、いやなんか全体に、硬いな…という感じになっているときは、

 

「気持ちの緊張感が高すぎる」

 

っていうことが考えられます。

これが「力が抜けない」ってことなんだと思います。

 

自分の意思で「よーし全身に力を入れるぞ!」と入れているわけではなくて、

例えば考えることが多いとか、

気にかかってることがあるとか、

時間や締切を意識しているとか、

苦手なことに向かっているとか、

そういう「頭の中の忙しさ」「ストレス」が、体を硬くしてるということです。

自律神経の働きが関係します。

 

 

なので、それが原因で体が硬い場合は「頭の中をゆったりする」「ストレスをへらす」になるわけなんですけど、それを頭で考えてやるのはむずかしい。

 

なので体、ボディからアプローチする方がやりやすいです。

 

うちの鍼灸施術だったら全体をみますけど、

 

自分でだったら、

「頭が考え事で忙しくなれないぐらい、激しめの運動をする!」

という攻め気の方向からやるか、

 

ちょっと遠回りなようで、

「忙しくならないように生活のつくりを考える」

っていう、根本的なやり方を勧めたい。

 

 

昨日話していたのも、

楽しいこと、好きなことであっても、時間と労力はかかるから、

それを生活に組み込んだときに、他の用事と合わせて、自分の生活に使える時間と収支が合わないと「忙しい」が生まれて力が入っちゃうよね、っていうことでした。

 

 

振り返ってみて、私がそんなふうに、力が抜けなくて、朝起きた瞬間に体がカチカチになっていた時期は、

・部活と受験でぎゅうぎゅうだった高校生の頃

・週休0日で働いてた20代から30代

・週6朝練行ってた35-37歳

・息子が夜中に起き、父が夜中にうめいていた去年

で、なんかもう毎日がいっぱいいっぱい!って感じのときでした。

あれ、けっこう、10代以降ほとんどやな…

 

 

息子がほぼ夜中に起きなくなり、父が亡くなって、そっち方向からの圧が減っているので、今は「自分の生活を忙しくしすぎないこと」に気をつけています。

 

仕事のアイデアや勉強したいことはたくさんあるけど、去年までの疲れがまだあるのを感じるので、「今はできない」と判断しています。

ゆに鍼灸院は私が元気で機嫌よくないとだめな店なので、それができるようにしっかり休んでいるし、「しないといけない」もぎりぎりに減らすように心がけています。

 

やりたいことは、やりたい。

だけど今じゃない。

 

予定を減らしたり、寝る時間増やしたりすると「やりたいことできない」と思うかもしれませんけど、「今は」です。

ちゃんと自分を充電したら、またできるようになります。

 

毎日ぎりぎりで力入れて生きてると、なかなか充電しづらいので、ちょっとやることの量を調節してしばらく様子見る、もおすすめですよ。

 

 

 

【ゆにさんの、きょうの養生ポイント】

 

 力抜けないの、そもそもやること多すぎかも。

 好きなこととやらないといけないことを並べて、

 ちょっと整理してみよう。