ゆまにて日記

京都・左京区の鍼灸院 女性鍼灸師ゆにからの毎日のお知らせ

いつも通りの力、楽しみ方

先月の後半に5日間、旅行に行ってました。

f:id:anyuni:20220926093815j:image

 

一軒家を借りて連泊していたので、家でごはんを食べることも多く、昼間に海や山で動き回って、早寝早起き、という、いわゆる健康な生活でした。

 

うちは息子(4歳)の生活リズムがかなりしっかりしているので(保育園ありがとう!)、眠くなる時間があり、朝もだいたい決まった時間に起きてくる、お腹が空くと機嫌が悪くなる、というアラームのような役割をしてくれて、合わせているだけで大人もいいリズムで生活できます。

 

私は旅が好きだし、しないと具合が、主にメンタル面から悪くなってくるタイプなので、旅行によく行きます。

旅の楽しみ方ってそれぞれだと思いますが、私はあまり「おいしいものをいっぱい食べたい」はほとんどないし、「お酒飲みたい」は全くないので、旅行中に「食べることを節制する」というのはあまり意識しなくてもできる方だと思います。

 

これはもしかしたらけっこうお得なのかもしれないですね。

特にがまんはしなくても、体調が崩れないように「食べる」ことはできるので。

 

うろうろと歩き回ったり、外での遊びをすることは大好きなので、「動く」もだいたいカバーできるし、昼間に疲れている上にお酒も飲まないので早く寝るから「寝る」も割とできます。

 

なので、旅行で体調を崩したり、疲れ切って帰ってきて「やっぱり家が一番ね(by嘉門達夫)になったりすることがほとんどなくて、ただただ気分がリフレッシュされて、そして「さー次はいつどこへ行こうかな」になります。

 

こないだの旅行の帰りも17時くらいに帰宅できて、

元気はあるしやる気は充電されてるしで、夕食を挟んで21時に寝るまでに2つほど講義を作ったりプロジェクトの仕事を進めたりできました。

 

帰ってきてすぐ仕事!?って自分でも思ったけど、

旅行に行ったことで、私は自分が、自分の仕事を好きでやってるんだ、ってことを思い出しました。だから楽しく仕事しました。

旅行に行く前はちょっと仕事が山積み過ぎて、好きなことなのに「量が多すぎる」ことで、毎日がしんどくなっていたことに気づきました。

 

 

毎日、いろいろ我慢して無理してむちゃくちゃ働いて、

たまに連休を取ったら羽目を外して遊んで、

それで疲れて帰ってきてまたうんざりしながら仕事に戻る、

 

っていう遊び方をしていたこともあったけど、

やっと、

 

毎日、無理をしないペースで確実に仕事をして日々充電して戻し、

連休とって旅に出てもそのペースをあまり変えず、

余裕を持って戻ってまた楽しく日常を続ける

 

という過ごし方をできるようになってきたようです。

 

時間はかかったけど、いろいろ心配したり、やってみて失敗したりしつつ、

「今の私と家族」

に合う生活を今はできているのかなと感じています。

これもまた、どんどん変化していくから、日々調整。

具体的には、どうも私にも更年期が来る予感があるし、息子がどんどん大きくなってきて、あと私が住んでいる世界の天候の変化がすごいこと、この3つだけでも変化が大きいからな…

 

また楽しく仕事して、どっか行こ。

 

 

【ゆにさんの、今日の養生ポイント】

 

結局、いつもどおりを続けられるようにするのが最強。

あと、積立(旅行費用)。

 

 

 

 

                                 

メニューが変わりました(値上げにあらず)

メニューを一部変更しました。

 

大きくは、

①施術時間を60分、90分、120分から選べるようになりました。

②美容鍼灸始めました。

③美容と足のメニューができました。

 

 

①について。

これまでにも鍼灸施術に加えて、日々の養生の相談をお話ししたり、ちょっとしたストレッチや運動をやったり、いろんなことをやってきて、だけど施術枠が60分だけだったので、

「時間が足りない!」

ということがありました。

 

遠方から来てくださって、しょっちゅうはお会いできない、という方も、いろいろやりたいこと伝えたいこともあるのに!ということも。

 

なので、「長めメニュー」を作りました。

60分、90分、120分から選べるようにしましたので、選んでもらって、

あとはいいように使いましょう!

 

今年、A-yoga movement coachの研修を受けて、動きの導きにがっちりと取り組むようになりました。

 

これまでの施術が60分弱、これに加えて運動(yogaという名前がつきますがヨガにとどまらない、よりよく体を使う動きです)を30分、60分と取ってもいいですし、

食事相談や生活リズムを整えるための方法などの相談でお話しに使ってもらってもいいですし、

施術を長めに念入りにすることも可能です。

 

 

②について。

美容鍼灸を始めました。

これも研修を受けて、ひっそりとモニター施術をさせてもらって、メニュー化しています。

FN美容鍼という、顔周辺に鍼を打って通電するものです。

効果が、あります。

説明もせずに言い切ってますけど、またこんど説明します(っていうか店頭できいてください)。

 

手間と時間はあまりかからないので、施術にオプションとして同時進行で行っていくオプション扱いとしました。それぞれの時間の施術料プラス1500円です。

やりたい!という方は施術のときにおっしゃってください。

今月いっぱいくらいは私の技術練習もあってモニターとして受けていただけます(無料)。

 

 

③について。

私は基本的には全身の施術を受けてもらうとそれできれいになっちゃうんじゃないの〜!

と思ってるのですが、

時短バージョンとして、FN美容鍼だけを受けて20分程度、というメニューをご用意しました。

美容鍼で顔を刺激している間、全身のバランスを取るためもあって、同時に私が足をケアします。

足つぼとかオイルでフットケア、というだけではなくて、

骨格も見直して体の土台を整える感じです。通常の施術でも行っています。

ちょっと鍼灸院寄って、美人になって体の土台も整えよう〜!みたいな感じでお使いいただけます。

 

 

ご予約はいつも通り、店頭でも、予約サイトからでも、お待ちしております!

予約サイトこちら。

https://reserva.be/humanite

メニューの順番がめちゃくちゃで探しにくいですけど(すみません無料サイト)、とりあえず根気よく探してください…

 

 

そんなわけで今後ともよろしくお願いします!

 

f:id:anyuni:20220814193145j:image

夏休み楽しかったです。

 

生理で筋トレ休んでまた戻ってきた話

生理で筋トレを3日休み。
ミレーナ使っていてたいした出血もないし、やれなくもないけど
「なんか頑張れない感じ」
をキャッチして休みました。

 

休み3日目は微妙な感じで、
「これはほんとにしんどいのかな、
めんどくさいだけでは…」
って思ったんだけど、自分に優しく、やめときました。

 

そしたら今朝は、これはどう考えても、筋トレできるな!という元気があったので、再開。

この話には2つポイントがあって、

 

①「しんどい」と「だるい」の見極めは割と難しい。

 

②ちょっとお休み、は全然オッケーだけど、そこから戻ってくるときに一瞬やってくる「めんどくさい」を乗り切るところが頑張りどころ。

 

『AYAトレ100』っていう本買って、連動してる動画で筋トレ、今日64日目だったんだけど、ここまで続けて来てまで途切れそうになっちゃってましたからね。

 

ちょっと休み…の後の「やめてへんし」で戻るところは、継続の重要な頑張りどころポイントだと思ってます。

それ以外は実は、惰性化するというか、生活に組み込んで「そういうもの」にしちゃえばどうにかなります。

 

なので私は、運動はむしろ「毎日」の方がいいと思ってます。

例えば月水金、とかに決めとくと、月曜やって、水曜にできないと、次の金曜に再開するのがむちゃくちゃめんどくさくなるので。

 

運動方面、暑いから頑張りすぎないのも大事だけど、
やれることは絶対あるし、
その理由が「めんどくさい」じゃないかどうかはよーく見るのが大事。


休んでもサボってもいいけど、

むしろ休むのもサボるのも必要だけど、

その結果を受け取るのも自分なので。

 

 

 

5月から始めた「体組成の改善」(ダイエットと言わない)、2ヶ月くらい数値の変動が全くなかったのですが(体型と体力は変わった)、

ここに来て急に数字も動いて、ぐっと筋肉が浮いてきました。

 

勉強だと思って毎朝体重計に乗って記録してましたが、まじで数字にこだわるのは意味がないなと感じました。変動大きすぎる。

 

ダイエットと言わない、のにはめんどくさい人っぽい理由がありまして。

体重さえ減らしたらいいという、よく言うダイエットとは違う!と言いたいからです。

 

実際、今は

「アカンこれでは体重減りすぎてる、もっと食べなあかんわ」

という感じで、頑張って食べています。

そもそも、5月から始めて以降も、食べる量は減らしてなくて、質を変えてきました。

いま、体重は53キロくらいなんですけど(身長162センチ)、ちょっとこれではしんどくなってきそうなので気をつけてます。

 

よく40キロ台を目指す記事や書き込み見ますけど、大半の女性はそれだと健康に悪い影響出そうですよ。身長150センチ以下の方なら参考になりそうです。

この話長くなるのでまた今度…

 

 

いろいろあってちょっとぽっちゃりしたので始めた改善ですが、いろいろ思うところも、感じるところもたくさんあったので、また別立てで文章書きます。

 

 

【ゆにさんの、きょうの養生ポイント】

 

だるいとしんどいの見極めは難しい。

自分よく見て!

 

休みは大事。

そこから戻ってくるところだけちょっと頑張ろ。

 

 

f:id:anyuni:20220729100619j:image

↑DAIGOも台所、を見て、お肉にソースをかける息子氏。

負けへんで、梅雨!

今日は京都はすごい雨。ここのところの大雨被害はよく聞いてたけど、京都はなんだかんだ言ってあまり降らなかったので、今日はちょっとびっくり。
 
ガジュマルの木だけがむちゃくちゃ元気。

 
そして、息子は朝、全然起きてこなかった!
 
もう起こさなあかんという時間になって起きてきて
「リビングの電気がついてないときにヤクルトを冷蔵庫から出したかった」
という理由で号泣していました。
しゃーないやんあんたが遅かった。みんな先に起きたで。
っていうか理由が意味不明すぎて最高。
 
カンカン照りの暑いときは毎日5時台に起きていた息子氏、雨続きになって全然起きません。
 
それが生き物として自然なんでしょうね。
 
こういうときには
①ゆっくり起きて、昼間の予定をへらす
②なんとか起きて動ける工夫をする
の2方向からアプローチが考えられます。
 
①も努力していきたいけど、社会って「今日雨やしなあ」でスローダウンしてくれないことも多いので、ある程度あきらめる必要はあります。
 
 
なので②、となると、
 
朝、だるいけど動いて体の中に流れを作る
運動や入浴で汗をかいて、だるさの元になるむくみをとっておく
むくみを増やさないように、食べすぎない、糖質脂質を摂りすぎない
しっかり血流がよくなるように筋肉量を増やしておく
 
という感じになって、
つまり「あ、今朝雨やな」で間に合うものが少ないですね。
 
そうなんですよー。
そういうわけで、週間天気予報を見て、梅雨時は食事を工夫し、日々筋トレしとく、みたいな生活になるわけです。
 
私はといえば、今年筋トレを頑張っている成果もあるのか、「だるい」にはあまり見舞われないで済んでいます。
とはいえ、なんかおなかも不穏だったり、音もなく便が緩かったり(感染とかじゃない感じ)、めんどくせえなあ、が出始めたりしてはいます。
湿気おそるべし。
 
だけど脳まで筋肉になりつつあるのか、めんどくさ…が出てきそうになると、
「負けへんで!!どりゃー!」
で動いてしまいます。
日々運動するようにしていると、初速が出ますね。
 
 
ところでたったいま土砂災害の警報で保育園に迎えに来てと連絡あったので行ってきます。
 
 

 

【ゆにさんの、きょうの養生ポイント】

 

今日の雨に今日備えられることはあんまりない。

来年の梅雨に向かって運動だ!

来週の雨に向かって食べ物調整だ!

めんどくさいには、負けへんで!

 

 

 

できると思いすぎない

今朝は珍しく、土曜だけど朝イチのご予約なく、なので保育園送った後、ドトールに寄りました(最近よく来てるな)。

 

忙しいはずの土曜なのに朝イチ予約ないなんて…

予約が減って誰も来なくなったらどうしよう………

 

 

までくよくよと行き始めたので、

 

「ハイそれは湿気」

豆乳ラテをオーダー。

豆は余分な湿気を外へ出してくれますよ。

 

 

さて本題。

 

最近、荷物を軽くできています。

f:id:anyuni:20220716090521j:image

 

というのも、私はとにかくずっと荷物が多い人で。

いつも予定を入れすぎるので、かけもちも多くて、その支度で荷物が多くなりがちでした。

 

かけもちは移動を伴うので、移動中に読む本も必要です。

しかも、本もだいたい並行読みしているし、気分によって読みたい本も変わるし…と思いがちで、結果、数冊持って、帰りに本屋寄ったりして。

 

だけど最近は店に出勤するだけなので、基本的には手帳とお弁当があればいいはず。

 

なのに、隙間があったらやっておきたいこと、読んでおきたいものなんかをリュックにぎゅうぎゅう。

そして、朝から夕方まで施術をしてるわけで、当然それに手をつける暇はなく、そのまま持って帰る。

 

この時、重い荷物を持って往復していること、よりも、

「やろうと思ってたのに、できなかった私への失望」

が大きい。地味に。

それを毎日やっていると、だんだん、自分ができない人のように思えてくる。

 

イヤイヤ。

ちゃうんですわ。

私は、朝から夕方まで、昼休みを除いてずっと、施術の仕事をしてるんですわ。

やってるの。ちゃんと集中して。

 

こういうことってけっこうあって、日常にけっこうエネルギー割いて頑張ってることが、「当たり前」になりすぎて、

「何もやってない」

感触になってくる。

 

それで、新しいことを始めよう、習慣作りをしよう、とした時に、

「できない」

「続かない」

「ダメだな私」

ってなる。

 

そりゃそうだろ。かける時間もエネルギーもないのに、できないし、続かない。

 

だから、新しいことを始める、習慣にしたい何かがある時は、

「今やってることを棚卸しして、そのための時間とエネルギーをつくる」

つまり、

「やめることを決める」

必要が出てくる。

 

それを考えてみて、

「時間もエネルギーもないから、できないわ」

なら、それを「今は」受け止めて、さっぱりと「今は」あきらめて、置いとく。

そして、「いつかやる」と、あきらめない。

 

そんなわけで、私は、

鍼灸院の仕事が詰まってる時に何かをしようとする

を、やめることができてきました。

まだ荷物多い日もあるけどね!

 

ちなみに私の荷物は少ないが、保育園の荷物と、洗濯物を持って行くので、全体としてはすごいです。こちらが私の荷物「以外」。

f:id:anyuni:20220716091754j:image

 

 

【ゆにさんの、きょうの養生ポイント】

 

そもそもやりすぎてるのに、

それ以上の何かに挫折してへこむのはもったいない!

人生で持てる荷物、そう多くない。

 

 

 

 

「それは湿気です」

今朝、

早起きできてヨガをできたのに息子氏に絡まれ、

 

いつも朝ごはんにぐずぐずと時間がかかる息子氏がうどんなら食べる、というのでうどんを用意したのにぐずぐずされ、

 

雨だからバス通園で時間がかかるので昨夜から「明日はささっとね!」と明るく声がけして準備もサッとしたのに時間の余裕を全部吸い取られ、

 

ああもう…という回路に入ったら急に資金繰りと息子の学費が気になってしょうがなくなり、

 

今日こそは、

この半年のらりくらりしたのんびりした投稿ばっかりしてたけど、

実はコロナの影響もあって毎月毎月資金繰りの心配をめっちゃしてたってことを書き込んでやる!!!

 

と思いながら、

 

保育園から汗をかきかき店にやってきて、

とりあえず日課にしているAYAさんの筋トレをやってプロテインを飲んだら、

 

「まー、しゃーないし、大丈夫やな!」

 

ってなったので、今朝の全てのネガティブな感情は、

 

「それは湿気のせい」

 

だし、

 

「くよくよしたら運動せよ」

 

が、真理。

 

 

この時期、くよくよしがちなのはたいていは湿気のせいである、

というのは東洋医学の人としては常識的なことで、そういうことをちゃんと解説してくれている方はたくさんいるので、今日の私からは筋肉バカ的なエピソードだけお伝えしました。

 

 

【ゆにさんの、きょうの養生ポイント】

 

梅雨どきにくよくよするのは、湿気のせい。

運動してしまいましょう。

 

 

 

f:id:anyuni:20220704092639j:image

A-yoga ムーブメントコーチ養成を受講しました。

文化財を滑り台に使う人

1月から受講していた、A-yoga ムーブメントコーチ養成の受講が終わりました。

月に1度か2度、昼休み1時間を挟んで9-18時。まじで!一日8時間の講習。でも毎回あっというま。

 

A-yogaを説明するのはすごく難しい。

公式サイトには

Awareness 気づき
Awakening 覚醒
Anti-aging 抗加齢
Athletic 運動

の4つのAが挙げられていて、体を動かし、呼吸と感覚にアプローチしていくことで心身の健康とリラクゼーションを導く、とあります。

 

A-yogaを作ったのは山本邦子さん、アスレティックトレーナーとして活躍してきた方なので(私は大学生の頃から、遠くからあこがれていた人)、理論がしっかりしていて安全、というヨガではあって、でもそういうことだけじゃない。

 

 

A-yogaが目指しているのは、動く、ということを通して、今持っている自分を最大限に使えるようになること、そしてそれをさらに大きく広げていくこと、っていうのがあると私は思っています。しかも無理なく、それこそリラックスして。

 

私が鍼灸師として、養生して目指していきたいのも、全く同じことで、

まず今の自分はそれでオッケーで、

そこからそれをさらに快適に、

やりたいなと思うことは全部できるように、

 

そのために元気をつくっていきたい。

そのための養生=「やすむ」「たべる」「うごく」。

 

 

その中で、体育学部を出てアスレティックトレーナーとして働いてきた私は、

もう少し「うごく」の精度を上げて、自信を持って伝えていきたいな、と思うようになって、以前からその理念がぴったり合うなと思っていた、今回の養成講座に申し込みました。

 

 

 

実はそれにはもう一つ裏があって…

 

講座に申し込んだ10月、私は病気を抱えた父と、とっても自由で私の自由を効かなくさせつことがある3歳の息子と暮らしていて、

「なんか、外で好きなことを思いっきりやりたい!」

という気持ちがありました。

保育園とシッターさん、そして母にいろいろをお願いして、なんとか外に出たい。

半ば押し込むようにして申し込んだところがありました。

 

結局、

父は暮れに急に亡くなり、

息子は4月に4歳になるのと前後して急に「たいへんさ」が減って「おもしろ」になり、

予想外に大きな仕事(オンラインで50人規模の解剖学の連続講座)が始まったり、

大きな歯の処置が続いたりして、

 

なんかもうとにかく大変な受講期間でした。

 

 

そして、受講する前は

「こんだけ時間かけるわけやし、終わったらガッチリ身について、ヨガっていう名前で運動指導やれるようになるな!」

と考えていたわけですが、

 

64時間終わってみて感じることは、

「あー、私のA-yogaは始まったばっかりやな」

ということ。

入り口開けただけだった!

けど、入り口には入れたし、先を歩いている先輩たちも見えます。進んでいけそう。

 

 

鍼灸院という看板で、鍼灸施術と、日々の暮らしへのアドバイスや相談、という仕事をここまでやってきていますが、これからは少しずつ、動く、ということも一緒にやっていけたらと考えています。

実際に、鍼灸院では少しずつ、一緒に動いたり、おうちでやっていってほしい動きをお伝えしたり、し始めています。

 

私の手で(そしてしゃべりで)整え「られる」という受け身の時間だけでなく、

より自分で「自分を元気にする」という手段をお伝えしていけたらいいなと考え、動いています。

 

 

まだ予約サイトなんかには反映させていませんが、動くのなんか興味あるわ〜、という方は、来られたときに(もしくは来られる前に)、こっそりちょっと教えてください。

あ、そうだ。顔の鍼もこっそり始めてますので、こちらもどうぞ…