ゆまにて日記

京都・左京区の鍼灸院 女性鍼灸師ゆにからの毎日のお知らせ

美容鍼灸をやろうかなと

美容鍼灸をやろうかな、と思って、浜松まで実技講座を受けに行きました。

 

いま、帰りの新幹線で、息子氏がじゃがりこをすごい勢いで食べています。

じゃがりこを与えておけばこうして文章も書けるようになった。講座の間、息子氏は浜松在住の友人と、なんと東京から遊びに来てくれた友人に預けました。ありがたい。

 

子が子どもになってきて、勉強も仕事も、やれるんだなって気がまたしてきて嬉しい。

 

 

美容鍼灸、リクエストされることもあったけど、私が美容について「たんぱく質摂って早寝、日焼け止め!以上!ノーメイク!」という人間なので縁がない、と思ってました。

 

だけど去年あたりに、仕事して、自己主張が真っ当に進化してきた息子氏の相手をし、介護のようなことに関わって睡眠もまずくなり(夜中の物音やストレスで)、

 

老けたな…

 

と思って、美容鍼灸、いるかも、と思ったのです。

 

老けたくない、というよりも、

生活の中で、しないとならないから、じゃなくて、

なんかうれしいから、ってやることが必要だな、って思いました。

 

それがないから気持ちが老け込んでいました。

なんかいつも怖い顔してて、顔が凝ってる感じもしたし。

 

 

鍼灸師アスレティックトレーナーという、医療従事者として働いているつもりなので、美容ってなんか、医療者としてどうなんだ、と思うところもありました。

だけど、「なんかうれしい」を提供して、日常を楽しく生きてもらうことも、鍼灸院でできる医療。病気になってから治す、じゃないところが私のフィールドなのだし。

 

 

そんなことを考えているタイミングで、

以前隣の席で仕事をしていたこともある先生が「FN美容鍼」のセミナーをされたのを、オンラインで、寝かしつけながら(これもありがたい時代だ)見て、ヨシこれでいこ!と決めました。

 

申し込んだらコロナで中止になったり、延期になったりして、なかなかタイミングが合わなかったので、浜松、行くわ!で強行突破してきました。

要介護の父のいる家から気分転換に離れたい、みたいなのもあったんですが、暮れに父が亡くなって、その必要はなくなったのに、なんかどっか行きたい熱だけ残ってて飛び出して来ちゃったな。

 

 

息子氏はずっとアイスを待っていたんだけど、京都まであと15分というところで車内販売がやっと来ました。硬いアイス、15分で食べられるのか!!

持参した、熱伝導のいい「新幹線アイス用スプーン」を使って…ると思ったらじかに噛み付いてました。それは、いけるのか?

f:id:anyuni:20220116172503j:image

 

 

【ゆにさんの、きょうの養生ポイント】

 

・必要なこと、だけじゃなくて、

「なんかうれしいからやりたい」こともやろう。

 

・養生的にはバツでも、新幹線でアイス、そりゃ、食べるでしょ。