ゆまにて日記

京都・左京区の鍼灸院 女性鍼灸師ゆにからの毎日のお知らせ

息子氏健康法

4泊5日で妹の嫁ぎ先に出かけました。

空港のあるところから100キロくらい離れているので、行きと帰りは空港の近くで息子氏4歳とホテル泊。


あ、これから書くのは息子氏が「生まれつきむちゃくちゃ健康な人」である、という前提ですので悪しからず。神様からのgiftだと思ってます。

🍀
🍀
息子氏が生まれてから、彼においては「いつも通りをたんたんと続ける」をできるだけ続けてきた。
保育園に行っているので、できるだけ保育園のスケジュールに合わせる。

 

午前中に体を動かす(走るの必須)
食事の時間をずらさない
毎食、タンパク質と色の濃い野菜
昼寝必ず
おやつはエネルギー源だけでない栄養があるもの
遅くとも21時に寝る

 

特に2歳くらいまでかな、何かに取り憑かれたように絶対必ず守っていたので、外食も少なく、18時以降の私の用事は全てパス。

 

結果、全部それが息子氏の身についたようで、
今回の旅程ではいろいろ感心することがありました。

 

移動時間を昼寝時間に合うようにできるだけしておくと、必ず寝る。
いとことはしゃいでいても、夜寝る時間に「寝るよ」と声をかけるとすぐ就寝、3分で入眠(誇張なし)。

 

タンパク質、野菜と取り分けておくと、全部食べる。初めてのものも。

暑くてアイスを食べたり冷たいジュースを飲んだりする機会もあったけど、「多いな」と私が思ったものはいつも(毎回!)、
「さむい」「おなかいっぱいになった」と言って自分でやめる。

 

結果、たいていの時間は機嫌よく生きている。

 

寝る食べる動くをちゃんとして機嫌よく生きる、を自分のモットーにしているし、それを伝える仕事をしてるけど、息子氏見てるとほんと「師匠!兄さん!」って呼びたくなります。

 

私はといえば、仕事=子なしで生きられる時間がなかった結果、毎日1時間ずつ夜更かしして23時に寝てしまったうえ、
息子氏の活動量に合わせて歩いたり走ったりした結果、疲れてやや機嫌が悪くなったりしていました。

 

息子氏に合わせた活動だと、自分の体力のなさを思い知りますね。
あとビジネスホテルの姿見を見て「ちょっとちゃんとせな」と思いました。そろそろ走るか。

 

 

【ゆにさんの、きょうの養生ポイント】

 

4歳児の生活には健康のエッセンスがみっちりと詰まっている。

そして健康な4歳児との時間はトレーニングになり得る。

 

f:id:anyuni:20220506135210j:image