ゆまにて日記

京都・左京区の鍼灸院 女性鍼灸師ゆにからの毎日のお知らせ

こんまり教信者です

「こんまり」(近藤麻理恵さん)教の信者として何度か大がかりな片付けをしていると、

 

「これ、いらんのちゃうかな…とりあえず置いとくか」


っていうやつはだいたいいらん、というラインがわかってくるし、

 

 

もの買う時に


「これは…そもそもいらんようになるな」


というラインもハッキリしてくるので、いらんものを増やさなくなります。

 

増えるのは本だけです。

 

 

こんまりちゃんの片付けはNetflixで番組が作られるほど、アメリカで(でも)人気が出ています。

 

家が片付くって気持ちいい!

だけではなくて、哲学です。

 

「手で触れて、ときめきを感じたものだけを残す」

という作業を実際に、大量に、一度に行うことで、

・自分は何を大事にしたいのかを自分で理解する。

・気持ちのいい場所を自分で作ることができるという実感を持つ。

ということができる。

 

思考を、マインドを変える、というだけでなくて、ちゃんとアクションする、というところにつながっているのが好きなところです。

多分、断捨離とかも同じようなところに行き着くんでしょうけど、「ときめき」が基準である、というところがこんまりさんのいいところ。

 

人生、必要かどうかより、ときめくかどうかで決めていきたいから。

 

とか言いながら、息子氏の本棚を移設しています。息子氏はずっとミッキーマウスクラブハウス見てます。途中からは絵本運びと、お気に入りの仕分けに参戦してもらいました。

 

好きな本は上に飾る、を決めることで、息子氏にも自分の好きを選んでもらいたい。とか、わりと、大げさですがほんとに思ってます。

 

 

 

f:id:anyuni:20220105100543j:image

 

 

【ゆにさんの、今日の養生ポイント】

 

片付けで自分の好きを選ぶと、

自分の居場所がときめく。

っていうのも養生。