ゆまにて日記

京都・左京区の鍼灸院 女性鍼灸師ゆにからの毎日のお知らせ

やせた

今日の記事については本当に本当に「個人の感想です」なので、そのつもりで読んでください。私の個人的なメモの意味合いが強め。

 

最近、やせました。

と言っても1-1.5キロくらいで、しかし誤差の範囲は超えている感じ。

毎日体重を測っているのですが、その波が去年よりも1-1.5キロくらい下みたいな感じ。

 

考えられる要因がいくつかあって、

1.食べる量が少し減った

2.豆腐

3.股関節、腸腰筋との出会い

4.1月ほんまにゆっくりしていた

5.やせたいと思わなくなった

 

ぐらいでしょうか。

私の感触としては、実は4と5がいちばん大きい気がしています。

 

 

1.食べる量が少し減った

成人の日のあたりの3連休でひどい副鼻腔炎をやって、ほぼ寝込んでいた時に、食事がプロテイン、豆乳、野菜ジュース、柿ピーわさびとシュークリーム1個ずつ、みたいな日がありました。

胃腸の調子は悪くないけど、頭が痛くて食べるのがめんどくさかったのです。

 

そしたら胃が小さくなったのか、それ以降、前ほど食べなくていいかな…という感じになりました。

そして、いつも通りに活動していますが特に「足りない」こともない。

もしかして食べ過ぎてたな!と思っています。

 

2.豆腐

もともと糖質が苦手、というか、好きだけど、美味しいけど、いっぱい食べるとすぐだるくなるのが糖質でした。

それが件の副鼻腔炎の時に特にしんどくなったので、昼ごはんの主食に豆腐を食べたりするようになりました。

また、コンビニよりもスーパーよりも豆腐屋さんが近所にあることに気づき、おやつに豆腐食べたりとか。

 

3.股関節、腸腰筋との出会い

※マニアックなので詳しくは直接きいて下さい。

去年の秋からうっすらと腰痛がしていて、という話をしましたが、

それをどうにかする過程で、股関節が全然使えてないことに気づきました。人体最大の関節なのに!

バッチバチに硬くなっている筋があり、それを地道に伸ばして動かして…としていたのだけど、どうも最後のもうひと押しが…と感じて、Kyoto MBM LaboでA-yogaの大先輩のパーソナルセッションを受けました。

そこで、腸腰筋と出逢いました。ここにいたのか!寝てたな!!!

それ以降腹筋群にスイッチが入ったみたいで、体も楽だし薄くなりました。

 

運動らしきことは、朝にアシュタンガヨガ神戸のオンライン朝ヨガにつないで、股関節周りのストレッチと、太陽礼拝を3回ぐらいやってるだけです。ただ、その動きの質はけっこう変わったし、日常のただ歩いたりとかの様子も変わったとは感じます。

 

4.1月ほんまにゆっくりしていた

仕事はちゃんとやってたのですが、例年通り、店もそこそこ余裕があり、しっかり寝て好きなことばっかりやっていたら、

「いらない食欲」が全然出なくなりました。

私はあまり、イライラして甘いもの食べたい!にはならないタイプなのですが、甘くなくても「なんか食べたい」が出ていたのが、全然出なくなりました。

というか、食べた後に消化にエネルギーを取られてぼんやりする感じがあるので(この辺は脾虚っぽいのでよくしていきたい)、特に必要ないおやつは食べないでスッキリと楽しい気分でいたいな、と思うようになりました。

 

「しっかり寝て」もなかなか最近の私には難題で、なかなか朝までストレートに眠れません。

ホルモンの影響を感じますが、ちょっとでも翌日の心配があると目を覚ます回数が増えます。それが「明日、予約が満タン入ってるなあ」という、日常レベルでも。

なので12月はそういう日が多くて(ありがたいんだけども!)、よく眠れなかったり。1月は少し余裕があったのでよく寝てました。毎日しっかり仕事あっても眠れる自信と体力が今後の課題。

 

5.やせたいと思わなくなった

1年くらい…いやけっこう長くかな、もうちょっと体を絞らなくては、と思っていたのが、

副鼻腔炎と、ゆっくりする1月、ということで、そのことについて考えなくなりました。

それが4のゆっくりしてたのと合わさって、ほんとに、「なんか食べたい」が出なくなったなという感触があります。説明は難しい。

習慣として、毎朝同じタイミングで体重を測るのに、去年いろいろやっていた時はフォルムは変わっても体重も体脂肪率もぜーんぜん変わらず、「変わらないなあ」と一瞬うすーくイラッとすることがありましたが、それもあんまりなくなった時に、いきなり減り始めました。

 

ストレスといらない食欲、体脂肪の蓄積の増加の関係実感しています。

なんとなく。根拠なし。

 

 

そんなわけで、私としては、去年いろいろ頑張ったように思ったけど、なぜ、今?!という感じではあります。

だけどこうして見直してみると、結局やっぱりほんのちょっとの食べ過ぎが重なっていたのと、

心理面でのストレスが大きい要因だったように思います。

スピリチュアルな雰囲気のある言葉で言えば、「本当には変われていなかった」という表現になるし、

脳や内分泌系の雰囲気で言えば、ストレスで食欲を制御しきれていなかった、という感じ。

 

この「ゆっくりする」「やせようと思わないようにする」のには、妊娠にトライしていた頃の気持ちを思い出します。

ゆったりした気持ちで、妊娠のことを考えないように…と意識すればするほど、そのことを考え込んでしまう、というジレンマ!

「あかんねん、妊娠のことを考えたら!って今めっちゃ妊娠のことを考えている!っていうことを考えたらあかんねんって!」

みたいなやつ。

 

 

今回は本当にひどい副鼻腔炎になったことがきっかけでいろいろ放棄できたけど、もっと平和な形でできないものかね…

これを探っていきたいと思います。

 

体重については、正直、これ以上減ってもしょうがないので、筋肉をつける方向にいくつもりです。

去年やせようと思いはじめたときのやばめの写真とかをつけて有料noteとかで公開しよかな…

いや、需要、ないやろ…

ある日の昼ご飯。冷凍ごはん、崩せよな…(だいたい90g)