ゆまにて日記

京都・左京区の鍼灸院 女性鍼灸師ゆにからの毎日のお知らせ

休みの予定をとっておくといいですよ

f:id:anyuni:20231125124255j:image

 

昨夜、3月までの予定を決めて、予約サイトに反映させておきました。

 

鍼灸院は基本的に水・日曜と祝日が休みで営業していますが、ここに、

・外部でやっている仕事(講師)がある

・出張に行ってる

・保育園の行事がある

・保育園が休み(お盆と正月)

・講師仕事の準備が忙しい

という時も休みます。

 

盆と正月、私は基本的に混んでる時に休みになっても出かけられないし(人ごみ苦手)、

みんながお休みを取りやすい時に鍼灸院が開いてるとほんとはいいんだけどな、と思いつつ、

しばらくの間はこういう感じかなとは思います。

 

 

それに加えて、去年から

「自分がそろそろしんどくなりそうなあたり」

に休みを決めて入れています。

 

具体的に言うと、

・祝日がなくて営業が続く時

・祝日、保育園の行事が密集して息子案件が続く時

・夏暑すぎてしんどそうな時

・講師仕事が立て込んで準備が大変そうな時

こんな感じでしょうか。

 

息子のことは大好きだしべったり一緒に過ごす期間はあと数年かなとも思うので、大事にしたいなと思ってはいるのだけど、

なにせ40年、自分のために自分の時間の全てを使ってきたので、どうしても一人の時間が必要です。

それがないと些細なことでむちゃくちゃイライラするようになるのです。

仕事の時はイライラは一切出ないので、結局息子にそれをぶつけることになります。イヤです。

 

夏がしんどい、はここ数年のことなのですが、

とにかく暑すぎてうまく眠れなかったりしてばててしまうので、あらかじめ休みを多めにしています。患者さんも出かけにくかったりするようでもあるし。

(そうして取ってあった休みに今年は引越しをしてしまったので、当然ばてた)

 

 

去年はこれを、お正月の休みに全部調整して1年分入れてしまいました。

自分のことなので、「しんどそうな時」「大変そうな時」がだいたいわかって、わりとうまくいきました。

旅行に行く日程も早めに手配ができてよかった。まあ思いつきでどっか行ったりもしたわけですが!

 

 

…と、さも当然のように書いてきましたが、

そんなふうに「私が大変そうやから、休み」と決められるようになったのはここ数年です。

 

みんな頑張ってるのに、とか、営業日は固定しているべき、とか、お休み申し訳ない(謎)とか、

いろいろ怖い気持ちがあって、できませんでした。

休むのって、難しくないですか?

体育会で育ってきた私のよくない面なのかもしれません。

(体育会はいい面もいっぱいあるぞ)

 

今は、私が元気で仕事するのが大事だな、と思って休みを取れるようになりました。

 

みんな無理しないでたまに休めるといいですよね。

すごくいいですよ、たまに休むの!

うちは予約をいただいて仕事をしているのでなかなか思いつきでは休めないのですが、

なんか今日休みたいな〜!で休むのも憧れです。(そんなふうには休まないのでご安心ください!)