読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆまにて日記

京都・左京区の鍼灸院 女性鍼灸師ゆにからの毎日のお知らせ

リリー・フランキーさんがテレビで

お久しぶりになりました。

 

10月は体調が「まあまあ」ぐらいかたまに「わろし(良くない)」ぐらいをいったりきたりしてしまって、毎日ご予約の施術をしっかりやるので精一杯、新しい企画とか、文章を書いて外に出すということが全然できませんでした。

 

ずっと自分のことだけを見ていたみたいな1ヶ月でした。

発信をあまりできずに、本を読んだり人の話を聴いたり、「入れる」「取り込む」が多かったです。

そういう時もある、ということで、またしゃべりたくなったのでしれっと再開していきますね。やめてへんし!

 

 f:id:anyuni:20161031152226j:image

 

仕事はしっかりさせてもらって、月末は立て続けに石垣島、飛騨高山と旅行になりました。めったに予定の合わない友人との旅行と、紅葉のタイミングに合わせてということで、南へ北へ、海から山へといったりきたり。

だいぶ自律神経が試されましたが、いい時間でした。

 f:id:anyuni:20161031152237j:image

 

場所を変える、ということはとっても大事だな、と感じました。

一度場所を変えて、キャッシュを強制クリアにする。

仕事を再開して最初にやったことは「やることリスト」でした。いいリストができたみたい。

 

 

さて表題の話です。

 

NHKあさイチのトークコーナーにリリー・フランキーさんが出ていて、いつものひょうひょうとした調子でお話をされていたのですが、部屋を片付けるとかどうのこうのの話の中で、

 

「断捨離とかっていうけど、片付けすぎちゃうものどうなんでしょうね。

そこにある『思い』とか、なくていいの?そんなスクエアでいいの?とか思っちゃう」

 

というようなことを(言葉遣いなど正確じゃないですが)言っていらして、

おお、そうですよね!

と思いました。なかなかこれを言う人少ないので。

 

最近は片付けとかミニマリズムとか、流行っていて、とにかくモノを減らすことが素晴らしい、みたいなことが流行っています。

 

「いらないものを持たない」ということはすごくいいことだと思いますが、「とにかく減らす」ことは、それとは違うことだと思います。

 

持っていたい、と思うなら持っていてもいいよねえ。

 

私が「たくさん」持っているモノといえば、本とうつわですが、やっぱりこの2つは「減らす」こととは全然つながりません。持っていたい。

機能だけなら、たしかに数冊の本と数枚の器だけでいいのかもしれないけど。

この本を読みたい気分の私、この器を使って食べたい私、という面がある。そう思ううちは持っていようと思っています。

 

決して、旅先でカレー皿2枚も買った言い訳じゃないですから!!