ゆまにて日記

京都・左京区の鍼灸院 女性鍼灸師ゆにからの毎日のお知らせ

おかずのクッキング、見逃せない

「おかずのクッキング」っていう番組知ってますか?

 

知ってる人は朝練がある人か、土井善晴先生ファン。

そう、私はどっちも当てはまってたから知ったんですね。

 

www.tv-asahi.co.jp

 

東京では土曜の朝4:55っていう非常識な時間にやっている番組です。

まさかの4時台。冬とか夜やで。

なんかおかしいなと思って調べたら、関西ではいま、日曜の朝5:25からでした。

 

どっちみち知らんはずでした、私はいま、毎週録画して見てるので。

もう朝練ないのでそんな時間に起きてないんでした。

 

 

なんにせよ、「テレビつけてたらなんとなくやってた」という時間帯ではないので、ご存知ない方が多いと思います。

でも知って欲しい、この番組。

料理が得意じゃない、という人にこそ見て欲しい番組です。

 

 

ホームページにも、「見るだけで料理上手」とありますが、ほんとうにその通りだと思います。

私もテキスト買わずに見てるだけですが、この番組からはほんとにたくさん、料理の学びがあります。

しかも本質的なところ。

そしてシンプルなこと。

 

 

例えば今月は「煮付け」をやっているのですが、今回などは土井先生が

「煮付けいうのはね、味を染み込ませるのとは違うんですよ、素材の味はそのままなんですよ。だから煮からめる、焼きからめる、ということですね」

というようなことを言ってらして、だから

「煮付けだったら水分は多くなくていい、調味料だけで、ちょっと煮詰めてからめる」

ということがよくわかるんです。

 

今日はウスターソースとみりんでイカを「煮付け」てましたけど、たとえばしょうゆとみりんでも、ケチャップとソースでも、同じようにやればいいんやな、という具合。

 

 

この番組、紹介する料理はいつもシンプルで、材料も2つ3つ(1つのときも)、調味料の種類も少ない。

基本的に、そのバリエーションを教える番組じゃないんです。

 

もっと根っこの「やりかた」を教えてくれるので、材料と調味料の組み合わせは自分で適当にやったらいいんです。

 

だから自分で料理をしているときに、材料と調味料の組み合わせは番組と全然違って、自分がいつも使っているものでも、

「土井先生、焼き目つけたらおいしいって言うてはったな」

「たれを煮つめるときは一回お肉出した方がいいんやったな」

と、「コツ」を思い出すんです。

 

しかもそれが毎回、ぎゅうぎゅうにでなく1つずつ出てくるから、頭に入ってくる。

 

そしてその「コツ」1つ押さえるだけで、どれもこれもおいしそうにできる。

 

正直、全部覚えてるわけじゃないけど、毎週見てたらなんとなく積み重なってくるのを感じます。

本質的なことってそんなにたくさんはないから、同じことも繰り返し出てくるし。

 

アシスタントのぽやーっとした久富アナウンサーも、繰り返しによってちゃんと刷り込みで覚えて、だんだんわかってきてはるし。「先生前もおっしゃってましたよね〜」とかって。

 

 

土井先生、私はもう大好きやし見てるけど、続けて見てれば見てるほどこの番組はすごいな、と思います。

後半はまあどっちでもいいので(ひどい)、前半10分だけでもぜひ!

今年は一汁一菜推しなので、よりシンプルでわかりやすい内容なんじゃないかと思います。ぜひ!

 

 

一汁一菜でよいという提案

一汁一菜でよいという提案