ゆまにて日記

京都・左京区の鍼灸院 女性鍼灸師ゆにからの毎日のお知らせ

いつもの生活がアート

神戸の仕事のときに泊めてもらう、そして息子をみててもらう伯母はとてもおしゃれで好奇心旺盛。

そして昔からものごとを バシっと言う人で、働きながら男子3人育て上げて両親を看取ったすごいエネルギーの人。

今でも海外旅行へ一人で行って、「スマホとSIMさえあればなんとかなるよ」と言う70代。

 

そんな伯母の家は、両親、つまり私の祖父母を看取った後に伯母が大片付けをして、今は伯母の趣味にまとめられている。

大勢が暮らした家で、震災で全壊して建て替えた大きな家。

伯母の色使いは伯母にしか出せない。

自分で貼ったという壁紙や、ずっと昔からそこにあるギャッベ(イランのカーペット。ブームになる前から伯母は持っていた)は、日本の建売住宅や新築マンションの真っ白な感じとは全然違う。

 

ミニマリストでも全然なくて、いっぱいモノがある。

だけど、「なんでこんなもんがここに?」は全然ない。

どこを見ても、おばちゃんが持ってそうやし、おばちゃんの家やな、って感じる。

さすがに人んちをブログに、はアレなのでこっそりお茶棚を撮った

 

 

少し前に、近所のアーティストのお家に入れてもらった時にも、

友の会(『婦人の友』で家庭経営を学ぶ会)の仲間のお家に入れてもらった時にも、

同じことを感じた。

その人、が「家」に全部出てる。

逆に、「その人っぽくないな」が全然ない。

それはもう表現で、アート。

 

結局、自分で選んで決めて、それを実行するってこと、

そしてそれをやり切ること、

やり続けること、

で、生活がアートになるんやなと感じた。

 

「暮らし系」の雑誌とか大好きでずっと買っては読み続けてるけど、

結局読んで眺めてるだけじゃ何にも変わらんのよね、という当たり前に気付きつつあったけどもう、ものすごく腹に落ちてきました。

それが今年の引っ越し前後からの実感だったので、地道にこつこつと、ほんとにこつこつと実行に移しています。

軸はまず「いらないもの」。

増やす前に、いま持っている中でいらないものをなくす。そして、いらないものを家に入れない。

しょうもない、というか、当たり前だけど難しい。

 

断捨離とか片付け(こんまりさんの)とか、捨てるのは流行りだけど、

捨てる痛みもある。これはまた別に書く、長くなるから。

 

ようやく、ただ生きているのがしんどくなくなってきたので、

ここからまた「よく生きる」でこつこつ生活して、生活をアートにしていきたい。

 

f:id:anyuni:20231217153507j:image