ゆまにて日記

京都・左京区の鍼灸院 女性鍼灸師ゆにからの毎日のお知らせ

「太陽カフェ」が閉店

f:id:anyuni:20171123082200j:image

実家のそばにある「太陽カフェ」が、来月中ごろに閉店します。

 

うちの実家は仁和寺の近くから20年くらい前に銀閣寺の近くに引っ越していて(京都っぽく書いてみた)、引っ越してきたときからある、そしてその頃から行っている、太陽カフェ。

 

ランチが夕方までやってて、メニューが絶妙で、長居してもほっといてくれて、チャイがめっちゃ甘くて、すごい手作りっぽい内装なのに暖かくて、店の前に桜の木があって、

 

とにかく他のどこにもない店。

 

おじさんがやってて、奥さんが2階で雑貨屋さんを始めて(昔はカフェの店内の片隅だった)、ずっとずっとあった。

 

でも閉店。

 

歴代の彼と、両親きょうだいと、甥っ子たちと、何よりひとりでしょっちゅう行った店。

 

ずっとあると思ってたけど、よく考えたらあのおじさんがずっとやってきて、おじさんがやめたらなくなってしまうんだった。そりゃあ、そうだわ。

 

横浜に住んでるときも、帰ってきたら必ず行ってたけど、実家の近くに戻ってきてからは、近いがゆえに、そして近所に住んでたらちょっと遠いだけに(歩いて20分)、あまり行かなくなってたけど。

お客さん減ってたのかな…

 

当たり前のことだけど、店はお客さんがいないと、続かない。

そういう中で、小さな店を何十年も続けてきたおじさんは、偉人。

 

20年くらい通ってきたけど、このおじさんは私のことを覚えてるのかな?覚えてないのかな?と思うような距離感でずっときたけど、こないだ会計のときに、レジに来ようとしたバイトちゃんを制して「おれが行くわ」と出てきてくれて、

「お客さんずっと来てくれてはったよね、うち来月閉めることになって…」

と初めて話しかけてきてくれて、少し話をすることができた。

 

よく来てくれる人に話しかけて、常連さんという扱いをして、お客さんとしてつなぐ、ということをしない人だったけど、そういうところが居心地がよくて、食べ物と店の雰囲気という商品がすごくよくて、通っていた。

 

本当に偉大な店だと思う。

 

大きくするとか、メディアに取り上げられるとか、そういうことじゃない偉大さだなあ、としみじみ思う。

仕事のことや他のことでも、インターネットを見るようになって、いろいろ取り上げられてる人を見ると「すごいなあ」と思うことがあるけど、そんなことじゃない偉大さも、日常の中にはたくさんある。

太陽カフェ、メディアにあんまり出なかったしweb関連何にもないもんなあ。

ただ、店がずっとある、っていうすごさ。

 

 

私も店をやっているけど、おじさんみたいに、愛想に頼らずに自分の中身と商品で勝負できているのかな、と思うと、身が引き締まる思いがする。

私もしっかりやろう。長く続くように。