ゆまにて日記

京都・左京区の鍼灸院 女性鍼灸師ゆにからの毎日のお知らせ

ゆまにて ゆに鍼灸院ができること

↓この記事の続きです

鍼灸治療ができること - ゆまにて日記

 

鍼灸治療を受けられるところには「鍼灸院」「鍼灸接骨院」「他の施設の併設の鍼灸院」などがあります。

鍼灸」「はり・きゅう」と名前がついていれば、国家資格を持った鍼灸師が治療しているはずです。

 

 鍼灸治療にはいろいろな流派というか方法があって、それぞれの施術者によってやり方が違うことがあります。

 

[ゆに鍼灸院では]

・痛くないし、熱くないです。

 鍼は髪の毛よりも細いもの。

 お灸はお米粒半分よりも小さいものを、しかも全部燃えるまえに取ってしまいます。

 なので、ほぼ痛くないし、熱くなくてあったかいくらい。

 できたら、治療中に眠ってもらいたいくらい。

 

・全体をみます

 肩がこっているから肩だけ、腰が痛いから腰だけというように部分だけでは見ずに、からだ全体を見ます。

 

・「なかみ」もみます 

 たとえば肩がこっているのは、「イライラしているから」かも?

 たとえば腰が痛いのは、「おなかが冷えているから」かも?

 東洋医学では、からだの中と外、そして気持ちもつながっていますから、からだの中や気持ちの変化も見ます。

 

・動きかたをみます

  店主は20年間、スポーツの現場でも働いてきましたので、痛みやこり、不快感の出にくいからだの使い方を手助けします。

 もちろん、スポーツをされている方にはトレーニング、リハビリなど専門的なお手伝いができます。

 

・毎日の暮らしのアドバイスをします

 からだの調子を整えるための、治療と治療のあいだの「毎日のくらし」への工夫をお伝えします。たとえば、ごはんの食べ方、お風呂の入り方など。

 

 ゆに鍼灸院では、ひとりひとりに合わせた治療を、ゆっくりとお話ししながら行っていきます。

 

↓この記事に続きます

 

humanite.hatenablog.com