ゆまにて日記

京都・左京区の鍼灸院 女性鍼灸師ゆにからの毎日のお知らせ

そこ、頑張りどころじゃない!

f:id:anyuni:20171215195920j:image

内容と関係ないんですけど、今年もシクラメン買いました。

近所の店で680円。絶対おかしい。安すぎ。

 

 

 

この秋から冬にかけて買った、私の3種の神器。

 

MacBook 12インチ

ガス乾燥機

食洗機

 

 

MacBookは、ここのところ外の仕事が増えて、プロジェクターと、7年もののCDスロットつきMacBookProを背負っての移動がしんどかったのがずいぶん軽くなりました。

 

ガス乾燥機は、冬にかけてバスタオルが全然乾かなくなり、歩いて1分のコインランドリーに通っていたのが家でやれるようになりました。

 

食洗機は別エントリでも書きましたが、「洗い物が苦手」という気持ちごと持っていってくれました。 

humanite.hatenablog.com

 

 

3つとも、導入してみて改めて気づくことは、

「気が重い」ってことも、コストなんだな、ということ。負担なんですね。

 

移動が嫌だな、と思うこと、洗濯や洗い物が嫌だな、と思うこと、という気持ちの重さは、それをやっていない時間の自分の中にもずっとあって、やってないのになんかいやーな気分が混ざってくるんです、他のことをしている時にも。

 

それが根こそぎなくなりました。

 

明日荷物重いのに遠いな〜…

今日のご予約何人だから、この隙間にコインランドリー行って…明日はコインランドリー定休日だから今夜のうちにもう一回…

食器洗わないといけないけど台所寒いな…

 

そう思ってる時間がどんだけあったか!

ということに気がつきました、なくなってみて。

すごくあった!

(私が気にしすぎるタイプっていうのもあるけど)

 

 

 

そしてもう一つ。

3つとも、

「まあ、私が頑張ればどうにかなる」

ということでもあったんです、これ。

だから、頑張ってました。めんどくさいと戦って。

 

でも、そこ、頑張りどころじゃない

 

 

私が登山家になりたくて重い荷物はトレーニングだとか、洗い物マスターになりたいとか、ガス乾燥機はええとええと、なんも、思いつかない!そういうのになりたいなら別だけど、私はそういうことやりたいわけではない。

 

もっと、自分の仕事頑張りたいし、毎日の暮らし楽しみたい。

そのためにエネルギー使いたい。

 

 

 

この、

「頑張りどころじゃないこと」の見極めは、大事なこと。

 

私は今回、道具を買って労力を預ける、という方法を取って、それがうまくいきました。

 

それができない種類のことだったら、人に頼む外注する、とか、他にも方法があるかもしれない。

 

そうでなかったら、「それはやらないことにする」という方法も、ありえます。

あきらめる!という選択肢。

 

それは状況によって変わることでもあるから、「今は」しない、でもいい。

 

限られた時間とエネルギー、いつも、選んで注いでいきたいです。

 

 

 

 

自分のからだの地図

f:id:anyuni:20171214104507j:image

先日、東京・町田のヨガスタジオRipplesさんで、「土台骨とあなたとヨガ」というワークショップの講師をさせていただきました。

ヨガ講師のキノシタケイコさんと一緒です。

朝から3コマ6時間のワークショップでしたが、楽しかったです〜。

記念撮影もほんと、楽しそうだな!

 

 

ヨガの中でも体を使う部分、いわゆるポーズ(アサナ、といいます)をするということでは、体のつくりを理解している、ということがすごく助けになると思います。

(回りくどい言い方ですけど、ヨガってただ体を動かすだけじゃなくて、精神まで含めた生き方、みたいなものだと思ってるので…長くなるからこのへんで)

 

 

今回は特に、「骨」ということに注目してみんなで学びました。

f:id:anyuni:20171214104500j:image

骨格模型はないスタジオだったので(っていうかそれが普通よね…)、京都から上肢と下肢を宅配しました。

 

 

たとえば手の甲、足の甲、って言いますよね。

手の甲、足の甲って、亀の甲羅みたいな、一つのぺらんとした骨だと思ってませんか?

いま、少し触ってみてください。

指につながった、5本の骨があるのがわかると思います。

 

 

そんなふうに、「ここにこんな骨あったの?!」っていう部分、体の中にたくさんあります。

背骨は何個あると思いますか?

 

f:id:anyuni:20171214104503j:image

 なんと、合計24個もあるんですよ。

 

 

人づてに、トップアスリートでも背骨を「5個」だと思ってた選手がいる、という話を聞きました。

反対に、ダンスをされている方に尋ねてみたら、「40個くらい?」というお答え。

 

これ、面白いなと思いました。

背骨が40個ある、と思ってたら、それだけ細かな動きができるでしょう。

5個だと思っていたら、その間にある関節は4個。首から背中が「曲がる場所」が4個しかなかったら、そういう動きになりますよね。

 

 

だから、自分の体がどうなっているか?という「自分の地図」、精密であればあるほど、体を使ってできること、って増えると思っています。

 

 

これは骨や筋肉だけではありません。

おなかの中の内臓はどこにあって、どうやって働いているか?

さらには、自分の気持ちはどんなつくりになっていて、どんな時どんな反応をするか?

 

そういう、自分の「地図」を把握していればいるほど、自分をうまく使って生きていけると思います。

 

 

教える、しゃべる技術、それから

f:id:anyuni:20171210192109j:image

 

京都のゆまにてを閉めて、お江戸東京で仕事をさせていただきました。

 

ヨガスタジオで、ヨガのインストラクターやヨガをやってる人たち向けに、「解剖学」、特に「骨はどんな形をしていて、どんなふうに動くか」をお伝えするというワークショップです。

 

「解剖学」というと、医療系や体に関わる仕事をしている人にはどの分野でもまず真っ先に学ぶべき、基礎的な学問なんです。

私も体育学部と鍼灸学科で何年も授業を受けて学びましたが、

「必要である」

「試験がある」

という理由で必死で学んだけれど、その時には「楽しい」と思うことはできなかったです、正直言って。

 

でも今日は、参加してくださったみなさん、楽しそうでした!

自画自賛だけど、ほんとに。

 

むつかしくもできることを楽しくお伝えする、というの、得意なんです。

それは専門学校の先生(専任、非常勤とも)を長くやってきた中で身につけてきた「技術」です。

高校生のチームを長くみてきた中でも必死で鍛えられました。

 

確信を持って技術を磨いてきて、やっています。

 

しゃべるのは昔から好きですけど、ただのおしゃべり好きだから教えられているというのでは、ないんですよ〜。

 

 

そしてそれから。

技術だけじゃなく、今私には

「解剖学、楽しい!」

「これ、知ってた方が毎日が楽しい!」

という、ハイテンションな気持ちがあります。

 

技術だけじゃなく、その気持ちが、伝わってるのかなあ、と私は感じてます。

 

こないだは骨の形について

「ここのこんなくぼみが生まれつきあるなんて、神さまオシャレすぎませんか⁈」

って熱く語ってやや引かれましたので、このテンションのコントロールは今後の課題なわけですが。

 

 

私は今やっている仕事、好きでやってるので楽しいし、それを相手に届く形にして伝えるのは得意なことなので、これからも私をうまく使ってくださいね!

施術中に訊きまくってくださっても、なんか講師で呼んでくださっても。

 

 

やめないでこつこつ

f:id:anyuni:20171202080944j:image

またお見苦しいものをアップしておりますが。

 

先週くらいに、お風呂で久しぶりに、ほんとに久しぶりに自分の足をしげしげを眺めることがありました。きっかけは忘れましたけど。

 

久しぶりに見てみたら、形が変わったなあ、と思ったのです。

 

私は中学・高校と陸上競技をやっていましたが、その頃から足がぺったんこで、踵の骨が傾いて土踏まずが下がり気味で、それもあってよく故障をしていました。

 

骨がどうこうとかは後になって自分が勉強してわかるようになったことで、その時はとにかく「ぺったんこで広がった足だなあ、いやだなあ」と思っていただけでしたが。

 

 

それからいろんなことを勉強してわかるようになって、でもその時にはもう長くぺったんこの足で関節も緩んでいたし、これが変わるには時間がかかるだろうなあ、ということもわかってしまいました。

 

でもそれでも、毎朝すこーしだけヨガをやる時にも、例えば信号待ちで、エスカレーターでエレベーターで、仕事中にふと気づいても、踵の骨を立てて、整える、ということを地味〜にずっとずっと、やってきていたのです。

 

そしたら、確実に足の形が変わりました。

 

足は土台ですから、足のつき方が変わると立ち方も変わるし、確かにもう長く、腰やら脚やらに不調はほとんどありません。

 

 

私は施術を受けられた方によく、

「いま、いい形になっているので、これを覚えるようにがんばって、気づいたら時々動かしてみてくださいね!」

と言うのですが、結局自分をいいように変えてそれを保つには、これしかないんです。

 

みなさん、「どんな体操したらいいですか?」「ジムとか行った方がいいかしら」などと相談されますが、本当にやりますか?!

私は今、そういう時間と余裕、ないです!!(言い切った)

でも、自分を変えることは、できます。

「気がついたときでいいから、やってくださいね」

をどうも、軽く聞き流されてしまっているかもしれませんけど、それがいちばん大事だよ、っていうことをもっと、私も言っていかないとなあ、と改めて思いました。

 

ずっと言ってますが、「やめてへんし」マジックワードに!

挫折したーとか言って自分のことは責めないでいいです、やめてない、休んでただけ!と、かる~く戻ってきてまた続けたら。

 

私が「足の感じが変わったなあ」と思うようになるのには、少なくとも年単位の時間がかかってます。

でも、もっと早くに変化が出ることがほとんどだと思いますよ。

 

 

そんなこと言ってたら、研修でお世話になっていた若林先生が似たようなことをおっしゃってたので勝手にシェアしときますね。ツイッターに載ってたからいいでしょ!

note.mu

 

食洗機を買ってよかったこと

f:id:anyuni:20171129192939j:image

 

いろいろ、もろもろ写り込んでますが恥を忍んでそのまま出しますけども、

食洗機を買いました!!

 

思いっきり、友人のボディワーカーである森部高史さん(べぇさん)に影響を受けています。

彼が食洗機を買ったことについてはこちら。

moribetakashi.com

 

 

こうして設置するまでには、

 

置き場所がなくて新しくラックを設置することになり、

ラックをご近所さんの協力で組み立てたが、

なんとサイズを測り違えたようでそのラックに入らず、

もともと家で使っていたラックと入れ替えるためにまたご近所さんが助けてくれて、

設置場所が変わったことで給水コードの長さが変わったのにも近所の電器屋さんがすぐ対応してくれて、

 

とにかく大変だったんですけど、もろもろを乗り越えて、

設置してよかったです!!

 

 

食器洗い、好きっていう方もあるんですけど(実際、うちに来た方がおっしゃってたんです)、私はさほど好きではない…っていうか、めんどくさいです。

 

これまでにも自分の、料理のハードルが上がってしまうのはどこだろうか?と観察してきて、結論は「洗い物が面倒である」ということだったぐらいです。

そこが乗り越えられないから、疲れてくると

「ごはん作ったら洗わなあかんしなあ…」

という気持ちになって、ごはんを作れなくなっていたんです。

 

 

今回、食洗機を設置して、「洗い物をする」という手間が省けた、ということももちろん大きいことですが、私にとっては特にこの、

洗い物が苦手である、という気持ちごと解決したことがすごく大きかったです。

 

それから、洗い物がいやなもんだからついつい、ちょっとだけの洗い物だとすぐ洗わないでシンクに置いてしまって、それがたまっているのを見るのもいやな気持ちになっていたのですけど、少し水ですすいだら食洗機に入れてしまうのでそれも解決しました。

あー…洗い物がたまっている…という気持ちがなくなった、っていうことです。

 

 

そうなんです、結局、「気が楽になった」ということなんです。

 

前述のべぇさんは「時間を買った」と言っていましたが、私は「気持ちの軽さを買った」という感じの方が強かったです。

 

 

そして、「時間」も「気持ちの軽さ」も、食洗機を買うのにかかった対価なんか、安い!と思えるほど、大事なことだし、第一お金では買えないことです。

 

 

設置にいろいろあっただけに、近くにいる人たちのやさしさも身にしみたし、なんかいろいろ、よかったなあ、と思っているところです。

他にも思ったことがあるのですけど、長くなってきたのでそれは次に!

丁寧な暮らしには体力がいる

こないだ来られた方と話をしていて。

「結局、体力ですよね〜」

という身も蓋もない結論に行き着いてしまいました。

 

 

やりたいことをやるには体力がいる。

「やりたい」と思うのは自分の心だけど、形にするのは体だから。

 

 

やりたいことがあるのにできない、みたいなことがストレスになっている感じ、経験のある人は多いと思います。

 

それにはいろんな要因がありますが、その中で体力の要因ってけっこうあります。

 

体力、にはいろんな意味があって、一般的には筋力とか持久力とかをイメージされることが多いでしょう。

特に、日常生活だと「持久力」が問題になってくることが多いんじゃないでしょうか。

「もっとやりたいことがあるけど、疲れてできない」

という感じ。

 

これには実は筋力も関係があって、たとえば同じ荷物を持つ、同じ坂を登るにも、筋力がある人が「全力の30%くらいでやれる」というのを、筋力がない人は「全力の50%使う」となると、疲れ方が全然違います。

 

そうすると、やりたいことに割ける体力の残り方にも差が出ます。

 

 

体力って他にもあって、防衛体力といわれる、外部からの刺激に対応する能力も体力です。

ストレス耐性とか、免疫力もここに入ります。

 

そして、体はこころとつながっているので、もちろん気持ちのバランス力も体力に入る、と私は考えています。

 

 

結局、やりたいことをやるのにお金を用意するとか計画を練るとか、時間を作るとか、そういうことが必要になってくるわけで、それって頭で考えること、のようで、それを形にして実現するには全部体が行動しないとならないんです。

 

そう考えると、やりたいことをやるために、結局早寝するとか、ごはんちゃんと食べるとか、うまく体を使ってメンテナンスするとか、そういうことは前提になってきます。

 

頭ばっかり使ってても、しょうがない!

 

 

それに、はやりの「ていねいな暮し」にも体力がいりますよね…

ていねいな暮しって、ディテールの積み重ね。

細かいことに気を遣って毎日積み重ねるのって、体力いりますよ…

 

だから、これはひっくり返せば、体力に余裕のないときには「ていねいな暮し」とかやってる場合じゃない。

しんどいときはあらゆることを投げ打ってでも、寝る・食べるに注力する!

そしたらそのうち、動くのはできるようになるから!

 

いろんなことのイメージで、健やかで健康な暮しにはていねいさが…みたいに思っている方も多そうだけど、まずは体力、順番が逆。

 

 

イメージも大事だけど、まず形にできるところから手をつけてもいいのでは!

と思うのでありました。

ひとりでできるからって、ひとりでやらない!

f:id:anyuni:20171124141624j:image

 

「食洗機を買おう!!」

から始めましたら、台所にスペースがなく、食洗機を置くためのメタルラックを設置することに。

そしてその前に、そのスペースにもともとあったものをどかす、という作業が必要に。

 

思いの外の大作業、台所大改造になってしまいました。

 

 

そして今日、ご近所さんが「行くわ〜」と言ってくださって、最終的に私が電話を取れないで連絡もついてない時にふらっとやってきて「あ、いた。やろっか!」で、さくさくとメタルラックの開梱を開始。

なんと私はその間昼ごはんを食べてました。なんちゅうやっちゃ。

 

で、いざふたりでメタルラックの組み立て開始。

 

メタルラック、組み立てしたことある人はおわかりだと思うのですが、ネットなんかの説明にあるとおり、力としては女性でも確かに、できます。

 

でも、案外とめんどくさい。

一人でもできるけど、二人でやれると半分くらいの時間でやれる体感です。

 

奥行きがあるものを組み立てるとき、「そっち持ってて」ができるかどうか、ってすごく大きいんですよね。

たとえば「ベッドカバーをかける」とき、手前で自分が持ってて、相手がいたら向こう側を持ってもらって、「せーの!」て引っ張ったら、すぐにぴーんといきますよね。

 

 

「いやいや一人でもできますし」

って今、そういうことを言いたいわけではありません。

 

一人でもできる、ってわかってること、でもできるからって一人でやらないで、誰か手助けしてくれたら、短い時間と少ない手間でできる、っていうこと、多いですよね、っていうことが言いたい。

 

将来メタルラック職人として生きていきたい、なら話は別だけど、それが自分の本当にやりたいことじゃないんだったら、その手間と時間、助けてもらって節約すれば、その分「ほんとうにやりたいこと」に注げますよね。

 

 

それに、「相方がいる」ってもう一つ大きないいことがあって、

「気がまぎれる」

ってことです。めんどくさい作業のときに「わーめんどくさいー」「ねー」って言い合うだけで、なんか気が楽になるものです。

それに「あっこんなとこにかりんとう、これおいしいんですよー」とかどうでもいい話もできるしもっと気がまぎれる。むしろ楽しい。

 

 

私はこれまで、メタルラックを数回自分一人で組んできましたが、今日ほどらく〜に組み上がったことはありません。手間、気分ともにです。

 

 

急に角度を変えて私の仕事の話にしますけど、からだ作りや日々の養生もそうなんですよ。

いろいろ関心持っている方だったら、もういろんな「すべきこと」、知ってる人も多いと思います。

 

でもそれを一人でやろうとするとなかなかハードル高く感じる、そんな時誰かに

「うん、それ、いいと思う」

って言ってもらうだけで、全然気分の重さが変わる。そういうことをけっこう、私はここで目撃しています。

東京の患者さんなんかほとんどもうそんな感じ…私、「うん、それでいいと思います」しか言ってない説が…

 

 

そんなわけで、メタルラックの組み立てについては要相談ですけど、健康づくりについてはお役に立てる「相方」やりますので。いつでもどうぞ!