ゆまにて日記

京都・左京区の鍼灸院 女性鍼灸師ゆにからの毎日のお知らせ

梅雨と地震と 場所を変えよう

 f:id:anyuni:20180619122413j:image

梅雨ですね〜。

 

っていうかその前に「暑い」とか、「でも朝晩肌寒い」とか来て、もうなんかしんどい〜、ってなってるところに満を持して梅雨が来て、しかも「梅雨寒」ってなんだっけ?ってぐらい暑くて、平たく言うと熱帯?みたいになっているのが関西。

天気予報見ていると、東京の方は「梅雨寒」みたいで、関東と関西でこんなに違うのも珍しいんじゃないかなと感じています。横浜に住んでたときでも京都とこんなに差がなかったと思うのですが。

 

 

さて、梅雨の過ごし方については以前の記事にまとめてあるので参考になさってください!と豪快に手を抜きまして。

humanite.hatenablog.com

 

 

昨日、大阪を中心にけっこう大きな地震がありました。

大阪を中心にした近畿地方の、私のようなおばはん以上の年齢層は、阪神・淡路大震災のことを鮮明に覚えています。私は高校生でした。

やっぱり昨日ほどの揺れになると、瞬時にその時のことを思い出して、みんな脳の奥底にしまわれていた怖い記憶がいっきに蘇ったんじゃないかな。

 

そして梅雨という気候。

上記の記事にもあるように、「なんかくよくよしてしまう」天気なんです。

そう、くよくよしちゃうの、湿気のせいもありますよ!

(もちろん、体質で湿気が多いとつねづねくよくよしてしまう)

 

くよくよ、ってどういうの?と考えてみると、「考えてもしょうがないことを何回も何回も考えてしまう」とか「行動に移せばすぐ済むのに同じことを考えているだけ」とか、そういう感じ。

 

それに、昨日の地震で「怖い!」という思いをして気力が弱っている。

 

しかも、テレビは「大阪で震度6弱」とでかでかとしたフレームをつけて、ずっと同じ情報をくりかえしくりかえし報道している。これも「何回も同じことを」って、湿気のくよくよとシンクロしますよね。

 

私も昨日、小さな子とふたり、テレビから流れる緊迫した雰囲気をずーっと浴びていたら、本当に不安になってきました。

 

 

正しい情報を得ることは大切だけど、今回の地震みたいな状況だと、一通り情報を得たらずっとテレビにはりつく必要はないわけで、「備えをする」「避難の手順を考える」などの行動に移った方がよっぽど落ち着きます。

 

それから、「場所を変える」「人に会う」も有効だなと感じました。

同じ空間にいて同じ情報を受け続けていて、しかも湿気た空間だったりすると(梅雨)、同じところをぐるぐるしてしまいがち。

そこで、場所を変えて、人に会って自分以外の考えと交流することで、「ぐるぐる」をかき回すことができます。

 

 

梅雨も地震も、根本的にはどうすることもできないけれど、少しアクションを起こして、気持ちだけでも落ち着かせておきたいですね。

と、自分にも言い聞かせている今日です!

 

 

「感じることから始めよう」

 先日のエントリで、「感じることから始めよう」と書きましたがそのことについて補足。

humanite.hatenablog.com

 

猫背を直そう、という番組を見ていて、まず初めに街頭で通りかかる人に声をかけて、まっすぐ立ってもらって横から写真を撮って、いかに猫背か、ということを本人に見せる、という流れがありました。

 

その時ほとんどすべての人が、「えー!こんなに猫背だなんて」的なリアクションをします。

 

これはつまり、

「普段の自分の姿勢がどんなふうかをわかっていない」

ということですよね。

写真で見て初めて、自分はこんな形で立っている、ということを知るっていうことは。

 

 

踊りのお稽古で、バレエなどの西洋のダンスと、日本舞踊の違いはなにか、というときに、

「鏡を見るかどうか」

ということが挙げられているのを見たことがあります。

確かに、日本舞踊のお稽古場には鏡がありません。(ですよね?知らんけど)

お師匠さんが「そうじゃない、もっと上」とか言ったり、やって見せて下さったりして、それで修正して直していく。

 

他のダンスでもそういうのはあるのかもしれませんが、そういう作り方をしていくには、

「自分の体の形がいま、どうなっているのか?」

ということを把握する力がまず必要です。

 

ダンサーでなくても、この「自分の体を感じる」という力がないと、いろいろな体操や運動の効果がずいぶん違ってきます。

 

たとえば姿勢をよくしよう、と思ってテレビを見て体操をしてみたとして、

まず、いま自分がどんな形で立っているかがわかっていないと、そもそもその体操が自分に必要かどうかがわからない。

そして、テレビの中で行われている体操と自分がやっている動きとが同じかどうかがわからないと、効果のある運動にできない(これには「見て理解する力」とか他のことも関係してきますが)。

それに、やってみてから、「やる前と変わっているな!」ということを感じられなかったら、「効果があったかどうか」もわからない。

 

 

これは動き以外のことでもそうで、あらゆる、体に対する取り組みは、まず「感じる」ということから始めないと同じことになります。

今の自分の体はどんな状態か?

必要な動きが正しくできているか?

なにかアクションを加えたとき、想定した・望んでいた効果が出たか?

体については、血液検査など数値で出るものもありますが、「自分の感覚」が基準になるものがたくさんあります。

 

 

そういう意味で、「感じることから始める」のが大切なんです。

いつもいつも体のことばかり考えていることはできませんが、たまにふと自分を感じてみる、でもいいし、私なんかはヨガのレッスンに行ってみる、ということでそういう時間を作っています。鍼灸院に行ってみるのもいいかも…?(宣伝)

父の体操 感じることから始めよう

子を産んで実家に住まわせてもらっていて、いつになくテレビを長く見るようになっているのですが、よく言われる「シニアシフト」というやつなのか、「健康」についての番組がとても多いです。

 

本当は怖い、系の病気の話、健康になる食べ物、ダイエット…ありとあらゆる方向から体のことをやりますが、基本をつかんでいない(人が多いと思われる)視聴者に向けて、断片的で刺激的なものを勧めるという内容が多くて、見ていて心配になります。

 

そういういわゆる「リテラシー」の問題は話が長くなるので別の機会にするとして。

 

 

筋肉や骨、関節といった「運動器」と「動き」についての内容もわりと多いです。

ここ数日見ていても、「姿勢を良くするトレーニング」や、「体の不調を解決するストレッチ」といった番組が続きました。

 

うちの父は持病があって姿勢や動きに問題を抱えている部分があります。

そして仕事もじっと座っていることが多く、生活に「運動」があまりありません。

 

ずっと気になってはいたのですが、なかなか私も手が回らずに、父になにかアドバイスをしたりすることができていませんでした(体をみる仕事の人ってそうなりがちじゃないですか…?)。

 

それが、産後実家で暮らして、一緒になんとなくテレビで流れる体操、運動を一緒に見ているうちに、父も興味を持つし、私もその興味を後押しするような解説をしたりして、父が少しずつ実際にやってみるようになってきました。

私がしつこく、ほんとにしつこく、

「病気って選べないけど、体を動かすのは自分でがんばれるし、絶対体はこたえてくれるんだよ〜」

と言い続けたのがよかったのか、毎朝決まった体操をし、昼間や夕方にも気づいたらうーんと伸びをしたりしています。

 

うれしいです。

少しずつ体は変わっていくだろうから、楽しみです。私が。

 

 

今回、私が家にいて、父の持病のことや動きの状態を見ることができているので、父がテレビを見て興味を持った体操やトレーニングの中から、「今はこれをやるといいよ」と選んで勧めることができています。

 

これって実はけっこう大事なことです。

 

テレビというのは、幅広い人たちに向けて放送をしているので、対象を絞れないという特徴があります。なので、内容は「一般化」されたものになりがちです。

 

たとえば今朝も「猫背の人にはこのストレッチ!」という番組をやっていましたが、

「どうして猫背になっているか?」

というのは、実は人によって原因が違っています。

原因が違うのに、同じアプローチで体操や運動をすれば、いいように作用する人もあれば、合わない場合はいい結果が出なかったり、最悪、害になったりもします。

 

そういうことがないように、一般化して当たり障りのないものを紹介している…んだったらいいんですけど、一部の番組では極端なものを紹介していることもあるので、困ります。

 

テレビで紹介される方法を試すには、そういうリスクもあるんだ、ということはわかっておいた方がいいです。

 

そしてそのリスクを避けて、自分に合ったものを選ぶためには、

「自分の体の状態を知る」

ということから始めるしかありません。

これは運動だけでなく、食事や生活のリズムなどについても同じことです。

 

そのために、私たちのような「体についての専門家」を使ってくれればいいんです。

私は特に、私を使って、患者さんクライアントさんが「自分でわかるようになる」ことが大事だと思っているので、

・何がいいか、私が選んで伝える

・何がいいか、自分で選べるようになってもらう方法を伝える

の両方から仕事をしています。

 

 

…って、今休業してるんですけど(すみません)。

 

まずは、なにかやってみたときに「それは自分に合っているのか」を考えてみること、そして「感じてみること」を大切にしてみてください。

なにかやってみて、体に変化はおきたか?そしてその変化は自分にとっていいものか?そうじゃないか?を丁寧に感じてみてください。

 

テレビで言ってたから、だけじゃなく、まず自分の「感覚」を磨いてみてくださいね。

その「感覚」があれば、プロに相談したときにもより大きい成果を受け取れるはずです。

 

父が興味を持ったので、さっそくテキスト買ってきてみました。来週スタートみたい。

f:id:anyuni:20180602172436j:image

 

 

元気に暮す20のこつ まとめ

f:id:anyuni:20180227172152j:image

 「元気に暮す20のこつ」をまとめておきました。

 

もちろん、どれも元気を作るのに大事なことです。

20の全部をできないとならない、というよりも、

「できるところから1つでも2つでも」

という考え方で。

 

1つでも2つでも、今の自分と違っていたら、変えてみたら自分が変わりますよ。

 

 

 

こつ1 自分をよく見る - ゆまにて日記

 

こつ2 「運動」「栄養」「休養」! - ゆまにて日記

 

こつ3 寝るのだいじ - ゆまにて日記

 

こつ4 自分に合った運動を - ゆまにて日記

 

こつ5 「どれだけ」食べるか - ゆまにて日記

 

こつ6 休まないと治らない - ゆまにて日記

 

こつ7 「食べすぎる」こと自体が負荷になる - ゆまにて日記

 

こつ8 「夜に寝る」のが大事 - ゆまにて日記

 

こつ9 「知っている」ことの力を知る - ゆまにて日記

 

こつ10 甘いものを摂りすぎない - ゆまにて日記

 

こつ11 「これっぽっち?」ぐらいを続ける - ゆまにて日記

 

こつ12 マジックワード「やめてへんし」 - ゆまにて日記

 

こつ13 ラジオ体操、いいよ! - ゆまにて日記

 

こつ14 人生に筋肉は必要だ - ゆまにて日記

 

こつ15 たんぱく質、足りてる? - ゆまにて日記

 

こつ16 自分のからだの「つくり」を知る - ゆまにて日記

 

こつ17 天気予報をみること - ゆまにて日記

 

こつ18 「歩く」の、いいよ - ゆまにて日記

 

こつ19 それ、「ただの癖」かもしれないですよ - ゆまにて日記

 

こつ20 機嫌よく! - ゆまにて日記

 

 

 

2018年夏頃まで、一時休業しています。

その間のお問い合わせはHPの「お問い合わせ」フォームから。

リアクションはそんなによくないかもしれませんがご了承ください。

ゆまにて ゆに鍼灸院 – 左京区・女性鍼灸師の町家鍼灸院

 

 

 

 

 

 

こつ20 機嫌よく!

「元気に暮す20のこつ」を毎日ひとつずつ更新しています。

「できたこと」から数えましょう。

やれば全部、プラス!

f:id:anyuni:20180212114032j:image

ここまで、小さな、でも実は毎日するのは難しかったりするこつを紹介してきました。

どれも、続けると少しずつ元気になれることです。

 

そう、やると元気になれるな!という方向からだけ、見てください

 

がんばり屋さんほど、

「ああ、できてない…だから調子悪いんだ…悪くなっちゃうんだ…」

という方向からだけ、見てしまいがち。

 

そしてだいたい「しなきゃいけないのに…できないなんて自分が悪い」という自分責めまで行っちゃったりして。

 

そのエネルギー、いりません。

 

「やれば、よくなる!元気になる!」

っていう方向からだけ、考えてください。

大事なことなので2回言いました!

 

そして、全部いっぺんにやろうとしないで、ひとつでもふたつでも変えることができたら、「これとこれはできた!」と加点で見てください。

できてないところに注目してしんどくならない!

 

だって元気を作ろうとしてやってることなのに。

やれば全部プラスです。

わざわざ自分でマイナスつけない!

 

機嫌よく、少しずつでも、やっていきましょう!

こつ19 それ、「ただの癖」かもしれないですよ

「元気に暮す20のこつ」を毎日ひとつずつ更新しています。

f:id:anyuni:20180212113846j:image

例えば「甘いものを食べる」ことについて、

食後や、いわゆるおやつ時間(10時とか15時とか)に甘いものを食べることが「普通」だと思っている人、いますね。

 

それ、別に「普通」じゃないです。

そして「必要なこと」でもないです。

っていうか普通ってなんや(偏屈)。

 

それは強いていうなら、「くせ」です。習慣。

 

甘いもの、やめられない人なんです〜

運動、続かない人なんです〜

朝、起きられない人なんです〜

 

って、よくみんな言いますけど、それは「今の自分のただの癖」かもしれませんよ。

 

甘いものは、食べるくせになってるだけで、しばらく強制でやめたら、口が慣れて、久しぶりに食べると「うわ!甘!」ってなりますよ。

運動、こつこつやってたらしんどくなくなってきますよ。

夜早い時間から寝たら、朝起きられるかもしれませんよ。

 

何かを変えるのは確かに、ちょっとした頑張りが必要なときもあります。

だからちょっとずつ。

飽かずたゆまず。

 

病気からくる症状でなければ、いろいろの「自分ってこういう人」っていうのは、ただ自分が決めつけて思い込んでいるだけかも…!

 

 

こつ18 「歩く」の、いいよ

「元気に暮す20のこつ」を毎日ひとつずつ更新しています。

「歩く」の、いい運動ですよ。

「移動」じゃなくて「散歩」だとなおよし。

f:id:anyuni:20180212113752j:image

運動として勧められることも多い「ウォーキング」。

 

運動には種類があって、それぞれの目的に合わせた方が効果が高いです。

では「歩く」ってどんな運動でしょうか。

 

まず、下半身を中心に使いますね。体重を支えて前に進む動きですから、主に下肢(腰から下)の筋肉を使います。

そして、あまり激しい運動ではないので、長く続けることができます。

 

坂道や山道を登るのでなければ「きつい」ということは少ないので、筋肉を増やしたり筋力をつけたりするのには向きませんが、何かを長く続ける力=持久力を鍛える役に立ちます。

 

そしてそれよりも、「からだ全体をほどよく血が・気がめぐる」のにいい運動です。

 

日常生活で、事務作業などじっとしている時間が長い人は、歩くだけで体のなかにいい「流れ」ができます。

特に、パソコンや携帯電話を使うことが多い人は、「頭」「目」にエネルギーを集中させていますから、歩くことで足にもエネルギーを運んであげると、それだけで上がっていたエネルギーがちょうどよく下がって、すっきりします。

 

できたら、リラックスした「散歩」だとよりいいですね。

出勤や、仕事中の「移動」だと、結局いろいろ考えていて頭がいっぱい!なんてこともありますから。