ゆまにて日記

京都・左京区の鍼灸院 女性鍼灸師ゆにからの毎日のお知らせ

自分の全部を使う、好きなように

f:id:anyuni:20170627093505j:image

勝手にカスタマイズ、オタクなリュックに。

 

定休日、今朝はヨガに行きました。

いつもは朝、家でやるのですが、行ける時はスタジオへ行って先生にみてもらいます。

 

アシュタンガヨガ、というのは流れが決まっていて、基本的にはその流れを自分でたんたんとやっていくのです。

なのでスタジオへ行っても、それぞれが自分のペースで自分の練習をしています。

 

まだ私はその流れを一つずつ先へ覚えて足していく段階なのですが、

 

まー、いろいろ、できない!!

 

届かない!

バランスとれない!

タイミング合わない!

 

でもなんか、楽しいです。それが。

 

ヨガを仕事にするつもりがないので、

「できなければならない」

という気持ちが、ありません。

だから、できひんな〜!を、次できたらうれしいな、という純粋な気持ちだけで楽しめてます。

 

毎日地道にやって、先生がアシストしてくださると、できるようになってくるもので、少しずつ自分が広がるのが楽しい。

 

 

私はドリカムが昔から好きなのですが、ドリカムのライブに行くたびに、私より一回り年上の美和ちゃん(今年52歳!)が、

「自分の全部を使っている」

ところに遭遇します。

 

だいたい3時間のライブのあいだ、歌い、踊り(かなり踊る)、泣き、笑い、体と気持ちのすべてを使って表現しています。

 

毎回、私は毎日、自分のどれだけを使っているのかなあ、と思います。

私も、自分の全部を使いたい!と思います。

 

ライブはやらないから一度には出さないにしても、

毎日の中で、体をめいっぱい使うこと、頭をめいっぱい使うこと、気持ちをめいっぱい使うこと、を、やりたいと思います。

 

しかも、一つの方向を向けて。

 

何か考えている時に違うことも考えて方向をぶれさせたり、

気持ちを動かしているときに考えを混ぜて感じ切れなかったり、

体に負担をかけてやりたいことに全部を注げなかったり、

 

そういうことを減らしていきたい。

 

少しずつそれが自分でできてきて、楽しいから、施術や運動指導、セミナーで、伝えていきたいな、と思います。

 

施術を受けたあと、なんかいい!って感じるその感じは、もともとご自分の中にあるもの。私が付け足したのではなくて。

それをずっと持っていられるように、お手伝いしたいなあ、とまた今朝もヨガをやっていて思いました。

結局自分タイミングで

f:id:anyuni:20170623100553j:image

近所の名店青おにぎり。

おにぎり神社まじで信仰しています。

 

 

最近またブログでいろいろ言いたい期になってましていろいろ言うんですけども。

 

誰かの何かにスイッチが入って、ヨシ動いてみよう!ってなったらいいな、と思っているからです。

 

なぜなら、私もそうやって、人に、そして本に、スイッチを入れてもらったことが何度もあるから。

 

ペイ・フォワード」っていう映画があって、好きだったんですけど、

自分が何か受け取った時、それをその相手に返すんじゃなくて、他に、少し増やして返そう、っていう話。だったと思う。

 

私はここ数年謎の、穏やかな多幸感がありまして、もうすぐ死ぬの?と不安になるくらいなんですけど(幸せを感じるとそうなる病)、

 

はっきり言って自分がそんなふうに思えるとは全く予想もしていなくて、

むしろ、

「多分一生しんどいから、それに耐えられるように自分を強くしていこう」

というよくわからない感じでスーパー自分いじめ生活していたので、

 

そういうこともないみたいよ!

 

って人に言いたいみたい。

自慢か。

 

たまたま鍼灸院もやっているし、お役に立てるんじゃないかと思うんです。

 

 

 

それで今日言いたいことはですね。

 

いろいろ、いろんなことをいろんな人がいろんなところで「ペイ・フォワード」として言ってくれているんです。今の世の中こうして誰でも発信できるし。

 

でもそれを自分がいつキャッチできるのか、っていうのはタイミングがすごくありますよね、ということです。

 

私は球技が苦手だから余計思うけど、いつでも何でもキャッチできる、とは限らない。

例えば練習とかトレーニングとか何か準備が必要なのかもしれないし、

そうかと思えば目をつぶってやみくもに手を上げたらなんかグラブに入ってた、みたいなこともありそうだし。

 

一つ必要なことがあるとしたら、

「ちょっとだけアクション」

かなと思います。

 

やっぱり、ちょっとだけでいいから、アクションは必要。

動かないと。行動しないと。

 

私もSNSが中毒っぽくなるときがあるけど、その時の自分を防犯カメラ的な映像で見てみたら、早送りしても全く動いてないんか!と思うと、これじゃ何も全く動かないわ!!と思います。

 

 

お、また話が微妙にずれましたけど、

その「ちょっと動こう」っていうのができるのには、人それぞれタイミングがある。

 

だから私も、誰かのタイミングを作れたらいいな、と思って、おんなじことを何回でも言ってみようかな、と思っています。思うようになった。

同じこと言っても、「その時はキャッチできなかった」っていうこともありそうだしね。

 

 

あと最近このこと思い出して、なんかそれもよかった。

 

humanite.hatenablog.com

 

「うつヌケ」「自分を好きになろう」

 最近読んだ2冊の本。つながってた。

まずはコレ、貸していただいて読みました。ずっと気になってて…(買えよ)

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

 

作者もうつになって、それを「ヌケた」ところで、同じようにうつを抜けた人たちにインタビューをしていった、という漫画。

 

アシスタントのように一緒に話を聴いている人がまったくうつ要素がなく、率直に「なんすかそれ、全然わかんないっす」と言っちゃう感じと、

最後にまとめの章みたいなのがあって、「そうだよね〜、結局人それぞれ」っていう結論になっている感じがよかったです。

 

それぞれで、いろんな道あって、遠く感じるけど、

「抜けたところで待ってるから。道つながってるからね!」

っていうのが、よかった。

 

 

 

そして次。

twitter瀧波ユカリさんが漫画を描いたということでつぶやかれていて、なぜかそのままAmazonで予約してしまい(脱アマゾン派なのに!)、発売日に届きました。

忘れてた。 

 「やさしい」本だなと思いました。

 

自分が双極性障害で仕事を休んで、そのあとも復活できないでいた、という期間に、いろんなことをやってみて自分を好きになろうとした、ということを書かれています。

 

文章が読みやすく、ご自分も辛かったということからか、タッチがやさしい。

そろりそろりと進んでいく感じが伝わってきて、そういう意味で「優しい」。

 

それから、「やってみよう」ということのきっかけが「易しい」。

わかってるけどそんなんできひんんん!!

みたいなことがあまりなかったです。

 

著者が私と同い年で、だからか、思いつくこともやることもたいてい似ていて、この本に書いてあることはほとんど自分でやってました…

 

 

どっちも、「専門家の本じゃない」というところが、私が好きだなと思ったところかもしれません。

「同じ経験をしたお友達の話をきいている」

みたいな感じになりました。

 

 

なんでこの2冊を手にしたかというと、やっぱり私もどう考えてもうつっぽかったな、という時期があった…というか、むちゃくちゃ働いてたときほとんどうつだったな、と思うからです。

 

心、気持ち、精神…いろんな言い方あるけど、病み方も人それぞれで、私の場合は「働きすぎる」だったわけですが、

「自分のことを大事にしなさすぎる」

というところが共通する人はけっこう多いように思います。

 

少なくとも私は完全にそうだったなあ。

 

今、私は元気です。

で、私はそれを、自分の体を入り口に作ってこれた部分が大きい。

だから、それを伝えていけたらいいと思ってます。それを仕事にしちゃいましたしね!

 

 

 

 

 

梅雨のサマリー!

f:id:anyuni:20170621093931j:image

今朝は雨風がすごくて、古い家なので店ががたがたしています。

けっこう不安になるけれども、「逆にこれで90年もってるわけやし」と開き直る。

 

 

さて、梅雨っぽくなってくるようなので、梅雨についての簡単なまとめを。

 

正直言って、これだけ見ても伝わらないだろうなあ、と思っています。

だって、「え、なんで?」って思っちゃう、納得がいかないことって、「やらない」でしょう?

すべてのことは、わかるだけじゃダメで、「行動する」ところまでいかないと何も変わらないんです。

 

だから、「え、なんで?」って思う方にはこってりとご説明して差し上げたい!

予約取って来てください!

でも、もし万一、私のことを信用して、わからないけどやってみよう、と思う方には、間違いない内容です。やってみて下さい!

素直こそ最大の強さ(by星稜高校サッカー部監督 河崎護先生)

 

梅雨っぽくなかったけどしんどかった

気象庁も先週の梅雨入りを見直そうとしてるって話もありますが、これまで全然雨がふりませんでした。

 

でも、なんかしんどい、っていう人もけっこう多くて、気分障害系は調子が悪い上に、天気がいいもんだから「こんなにいいお天気なのに元気になれない私って…」ってなってる方もありましたが、

ここのところの調子悪い、は、

 

・朝晩と昼間の気温差が激しすぎる

・急に暑すぎる

 

の2つだったので、普通の梅雨とは違いますけどしんどくってもしょうがない。

晴れなのに、なんて気を落とさないで、あきらめてやり過ごしましょう。

 

梅雨で体に起こること

梅雨ってどんなふうにとらえたらいいの?といえば、

・まず、湿気が多い

 →湿気は胃腸のはたらきを鈍くする

   →おなかの重さ、便秘下痢など「なんかおかしい」

 →気持ちもだるくなる

 →流れがよくない

   →疲れがとれにくい、だるい

 →湿気が体にたまりやすい

   →むくみ(脚だけでなく全体にも)が出る

   →関節の痛みが出やすい

   →動きが悪くてぎっくりすることもある

・気温差が激しい

 →知らない間に疲れている

 →冷えやのぼせが出やすい

 →晴れ間には熱中症注意

 

では、梅雨をどう過ごすか

体調を整えるには運動・栄養・休養の3つを整えていきます。

「運動」 流れをよくする→ストレッチ、深い呼吸(ヨガなど)

     汗をしっかり出す→長めに続ける運動 種類はなんでも!

 

「栄養」からだに湿気を増やしすぎない

      そもそも、食べすぎない

      →甘いもの・脂っこいものは控える

      →炭水化物(ごはん、うどん、パンなど)を摂り過ぎない

      →水分を摂りすぎない

    からだの余分な湿気を外へ出してくれるものを摂る

      →マメ類 大豆、あずき、そらまめ、えんどうまめなど

       海藻類 わかめ、ひじき (冷えには注意!加熱して食べる)

       うり類 メロン、ズッキーニ、冬瓜など

            (冷えには注意!加熱して食べる)

    のぼせには「香りのよいもの」

      →しそ、玉ねぎ、セロリ、みょうが、ミントなど 

        冷やすのではなく「発散させる」

「休養」疲れやすくなっている、ということを自覚してよく休む

    除湿機、布団乾燥機などを活用して住環境を乾かす

 

 

 

ネット予約はこちら →ゆまにて ゆに鍼灸院

月イチヨガは6/25(日)→町家でA-yoga vol.23

 

広告を非表示にする

寺子屋ゆまにて「梅雨の養生」やりました!

f:id:anyuni:20170617155457j:image

月イチ寺子屋「梅雨の養生」やりました!

 

…とはいえ、全く梅雨っぽくないお天気だったので、最初っから話が逸れっぱなし!


でも、最近梅雨じゃないけど朝晩の気温差と突然の暑さでやられている人も多くて、そんなお話を中心に。

 

寺子屋」は、私がいっぱいしゃべって一方的に受け取ってもらうだけでなくて、生徒さん同士がお互いから学び合う、という感じが好ましいな、と思っているのですが、


今日などはほんとにそんな感じで、どんどんみんなでおしゃべりして、

 

私はこう思うな〜
そうなんだ、私はこうだな〜
へえ、いろいろあるねえ

 

そういう感じがすごく、よかったな。

 

 

今日のお昼は梅雨対策ってことで。

f:id:anyuni:20170617155508j:image 

豆ごはん
カブの葉とじゃこのふりかけ
水菜・ひじき・切り干し大根・にんじんのサラダ
くらかけ豆のおひたし
豆腐とネギの卵炒め
カブと薄揚げのお味噌汁

 

来月は7月29日(土)10:30〜
いよいよ来ました、筋トレやっちゃうよ〜!!
「家トレ基本編」
です。道具も着替えもいらない、家でできる筋トレをみんなでやります。
汗かくなあ。

まず休む、そして動く

 

なんか思いついて連続ツイートしたので、まとめておきますね。

 

「しんどい」にもいろいろありますが、東洋医学で診るときには、大まかには

 

「量は足りているか」(多いも少ないも避けたい)

「流れはいいか」(ありすぎるのもなさすぎるのも避けたい)

 

という2つを考えます。

 

ツイートに書いた、

「休むのが必要な人」は、「元気の量が足りない人」。

「動いた方が楽な人」は、「元気の量はあるんだけど流れが良くない人」。

 

元気の量が足りない人は、運動して流れを作ろうにも、流すものがないんだから、寝る・食べるをやってまず「元気を充電」。

 

動いた方が楽な人、というのは、基本的には元気の量はある。

でも、じっとしている時間が長いとか、頭ばかりを使う傾向があるとかで、体の中の流れが悪くなっていたり、元気が偏っていたり。

なので、少し体を動かして、「流れをつくってやる」。

 

結局、今自分がどんな状態なのかな?というのがわからないと、うまくいかないこともある。

その「判断」が難しいね、ということもツイートしたんですね。

 

 

このエントリの冒頭で、体の診かたもざっくりした説明をしましたけど、便宜上ざっくり分けただけで、実際には人の体ってそんなに単純じゃないし、それぞれ生活の状況も違います。

寝ろと言われても仕事が忙しくてそうもいかないとか、

おなかが強くないから食べられないとか、

今日はお天気がよくないとか(天気も体に影響します)。

 

だから、これやっとけばいい!みたいな「健康法」、あれへんのですよ。

 

その時何をやればいいのかな、というのは、自分をよーくみる、というスタートでしかわからないんですよね。

 

それで、最初はうまくいかないこともあるけど、それはしょうがない、最初なんやから。

そこにいちいち「ああ、やってしまった…」っていう自分責め要素が入ると、やる気なくなりますよねそりゃ、っていう話です。

最初っからうまくいくと思ってるなんて、自分のこと天才と思いすぎ〜!!

 

私だって今朝、塩味濃くしすぎて午前中だるいという失態を犯してますからね!(それはそろそろ学習しろ)

 

 

そういうことの相談には乗れます、っていう仕事をしています(宣伝)。

またちょっとずつ、お役に立つようなことを放流していきますね。ゆっくり、でもしぶとくやりましょう。

 

 

6月のお知らせはこちら→6月のお知らせまとめ! - ゆまにて日記

予約サイトはこちら→ゆまにて ゆに鍼灸院

 

f:id:anyuni:20170615142953j:image

真如堂菩提樹。 

 

 

ラジオ体操からヨガへ!

なんか、相聞歌みたいになってきましたけど。

 

昨日の記事で、ヨガ講師のキノシタケイコさんのお母様のお話を書きました。

 

humanite.hatenablog.com

 

そしたらば、その記事を引用してケイコさんがブログにしてくださってですね。

 

ameblo.jp

 

その記事の中で大公開!ばーん!って言われちゃってるんですけども…

 

 

そうなんですよ、アシュタンガヨガ、始めたんですよ。

例によって、続かなかったら恥ずかしいなあ、と思ってしばらく黙ってよかな、と思ってたんですけども。

それでマットも買ったんですよ。

 最近始めて、続けてます。クラス行くか家でかで、毎日。

 

 

気配はずっとあってですね、もう、私の周り、ヨガをやってる人、しかも真摯に真剣にやってる人がたくさんいるんです。いろんなヨガを。去年あたりからその濃度がすごく増えてきていて。

 

それは確実に、ケイコさんの影響ですけど!

 

 

でもなんか、いまいちヨガに入れないでいたのは、

 

・とりあえず、まわりのヨガやってる人がシュッとしてかっこよすぎて気後れする感じがする

・習い事としてはどうしてもおしゃれOLさんがスムージー飲みながらみたいなことで私のこの感じに合わない気がする

・レッスンの時間に合わせて店を閉めて予約取って行くのができない気がする

・やっぱおしゃれすぎる

 

っていう、「イメージ」「感じ」だけだったんですね今から思えば。

 

 

そんな話をぐずぐずと、でもラジオ体操は毎日やってるんですけどね、ってケイコさんにしてたらケイコさんが、

 

「ヨガもラジオ体操と一緒やで〜。

毎日同じことを繰り返しやってたら、その日その日の自分の違いがわかる。

毎日同じやからこそ、よくわかるんよ。」

 

って言ってくださって、その時、

 

「あ、そうなんや」

 

って急に、ヨガに対するハードルが下がりました。

 

それから、アシュタンガヨガというのが、決まった流れがあって、それを自分で覚えて自分で実践していくというスタイルなのを知って(クラスに行くと先生がいて、指導を加えてくれる)、じゃ、それで、と。

縁のあったスタジオに、行き始めたところです。

 

まだ、「やってます」と言えるほどの期間続けてないですけど、多分続けられます。

なぜなら、毎日ラジオ体操やってたところにすぽっとヨガがはまっただけ、だからです。

 

なんか、おしゃれすぎるとか思いすぎてて自分、もったいなかったなーと思います。

朝、起き抜けに、呼吸しっかりしてぐいーっと体のばして力入れて、気持ちいいです。

 

でも同時に、やっぱりすごくおしゃれで高尚なものなんじゃないか、とはずっと思っていて、なのにラジオ体操と一緒にしてすみません、とも思ってます。

真摯に真剣に、ライフスタイルとしてヨガに取り組んでいる人がたくさんいるのを知っているから。失礼があったら、ごめんなさい。

 

きっと「なんちゅうこと言うの!!」って思う日が来るのかなあ…とりあえず今は気楽に取り組んでしまってます。 

私のまわりの素敵なヨギーニのみなさんが、長い時間かけてどっぷりとしっかりと深められているヨガ、これから少しずつ私も学んでいこうと思ってます。

 

 

…でもラジオ体操ぐらい手軽に始めちゃうのもアリだと思いますよ!

 

 

 

6月のお知らせあれこれはこちら →6月のお知らせまとめ! - ゆまにて日記

ゆに鍼灸院ネット予約サイトはこちら →ゆまにて ゆに鍼灸院