ゆまにて日記

京都・左京区の鍼灸院 女性鍼灸師ゆにからの毎日のお知らせ

長野にて バッヂやフリーペーパーのアイデア

f:id:anyuni:20141104111826j:plain

かなり無理やりに、1166バックパッカーズへ。

 

開業すると決めたら絶対に話を聞かせてもらおう、と思ってた。

し、七味買うためにも来ないとならないと思ってた。

 

こんなことしたい、と話したら、おりえさんが「いいなあ、行く」と言ってくれたので、もうそれで気が済んだり。

 

フリーペーパーをやりたいと思っているのだけど、おりえさんもそれはいい!と言っていた。

その場合、ウェブマガジンでなくやっぱり紙なんだよね、と。

昔の全プレみたいに、切手送ってください、っていうのいいかもねとか言って盛り上がる。

 

あと、1166さんでは小さな缶バッヂを販売してて買ったんだけど、そう高くなく作れるみたいで、「1周年で作ろうかな」と言ったら、「オープニングで作ってもいいかも」と言ってもらって、いいなと思った。

 

f:id:anyuni:20141104111922j:plain

 

 

他には具体的な話は、内装でいくらかかったとか、照明はヤフオクで安く買ったとか、そんな感じ。

照明は持って行くと言われてたので、案外お金がかからなさそうでちょっとほっとする。

 

しかし「いい感じの手作りで、人が集まる場所」という1166、私の「ゆまにて」のイメージにかなり影響を与えているので、今回も滞在することが勉強になった。

 

それから、同じ日に滞在してたゲスト3人と少し話した中で、トレーナー+鍼灸師に何を求めるか?というのもリサーチできた。

しかもお一人は往診の依頼まで!

 

やっぱり、動いて人に会うのはいろんなヒントがあるな。