ゆまにて日記

京都・左京区の鍼灸院 女性鍼灸師ゆにからの毎日のお知らせ

創業計画書に着手 物品の見積もり

日本政策金融公庫に提出する書類のキモ、創業計画書に着手。

一応B4サイズの書式があるんだけど、ccr(不動産屋さん)のSさんによるとそれだけじゃなくもっと別紙でボリュームたっぷりでいろいろ出したりするものらしい。

 

まずは職務経歴書の手直し。

今まで作っていたものはスポーツ現場の仕事を優先にしてあったのだけど、それを鍼灸と教育を強調する順番に変えてみる。

それにしても華麗な職務経歴だな〜。運がよかった。いい場所にいられた。

 

このページを参考にしてみる。営業用にしては丁寧に書かれているから。

創業計画書(事業計画書)の書き方(記入例)日本政策金融公庫(国金)

 

売上予測を書いてみるんだけど、なんかいい感じの数字になって、逆に焦る。まあ、うまくいかせたいけど。

 

それから、創業の動機を書き始める。

どんどん出てくる。

具体的に形にしていなかっただけで、自分の中にはもういっぱい、やりたいことがたまってたんだなあ。

 

物品購入についてメイプル名古屋に電話。

融資のために見積もりを出してもらうという話をしたら、実際の値段でなく定価で出した方がいいですか?と言ってもらい、そうか!!という気持ちに。

前職(専門学校教員、庶務)のときも、そういう使い方してたんだった、見積もり。

年内支払いで、3月納品も可能とのこと。

 

タオルも、良品集家でいろいろと見てみる。

色のセンスが問われている!!(ない!!)