ゆまにて日記

京都・左京区の鍼灸院 女性鍼灸師ゆにからの毎日のお知らせ

生きてたら、尊し!

つれづれに。

 

今日は定休日なのに往診→外食→帰宅して昼寝→スイミング→耳鼻科というバタバタした日。

 

私の都合でバタバタしているので、息子氏に負担かけたくないな、と思って平静を装い、スケジュールも昼寝絶対!とか、急かさない!とか私は頑張っていたので、大変疲れました。

 

定休日は食事当番なので、昼寝の時間にカレー作って、帰ってからは食べて、父の介護など。

この1年くらいは両親と同居で、介護的な雰囲気、ぐらいだったのだけど、ここのところめっきり介護っぽいです。

 

労力より、精神力がいかれるんだな介護って。HPよりMP。
そういうところ、育児にも似てるけど、育児にはあるかわいさが、ない…

 

いや、まだ全然たいしたことやってないんだけど。長くやってきた人すごい。

 

そんな日々だからか、最近息子氏がますます尊い

f:id:anyuni:20211222222339j:image
最近なぜかよく、妊娠中心配ばかりしていた日々(2度流産)や、無事産まれてきた時のことを思い出します。
そうだった、無事に出てきてくれたらそれでよかったんだった。

 

みんな、そう思われてきたんだった。みんな尊し。

 

88歳コンビの往診で、一緒に仏壇をめっちゃエンジョイしていた息子氏。ポクポクチンチン、ろうそくにお線香、なむなむ。

f:id:anyuni:20211222222357j:image

 

踏水会はお顔つけてドヤ顔、
耳鼻科の先生のあたまにもやしを乗せ(意味不明でしょう、事実です)、

 

夜は私のマネして編み物を始めました。

f:id:anyuni:20211222222422j:image


ほんま、いてくれてありがとう。
好きに生きてほしいわ。この気持ち忘れんとこ。

 

【ゆにさんの、きょうの養生ポイント】

 

生まれてきて、生きてたらもう、尊し。