ゆまにて日記

京都・左京区の鍼灸院 女性鍼灸師ゆにからの毎日のお知らせ

教える、しゃべる技術、それから

f:id:anyuni:20171210192109j:image

 

京都のゆまにてを閉めて、お江戸東京で仕事をさせていただきました。

 

ヨガスタジオで、ヨガのインストラクターやヨガをやってる人たち向けに、「解剖学」、特に「骨はどんな形をしていて、どんなふうに動くか」をお伝えするというワークショップです。

 

「解剖学」というと、医療系や体に関わる仕事をしている人にはどの分野でもまず真っ先に学ぶべき、基礎的な学問なんです。

私も体育学部と鍼灸学科で何年も授業を受けて学びましたが、

「必要である」

「試験がある」

という理由で必死で学んだけれど、その時には「楽しい」と思うことはできなかったです、正直言って。

 

でも今日は、参加してくださったみなさん、楽しそうでした!

自画自賛だけど、ほんとに。

 

むつかしくもできることを楽しくお伝えする、というの、得意なんです。

それは専門学校の先生(専任、非常勤とも)を長くやってきた中で身につけてきた「技術」です。

高校生のチームを長くみてきた中でも必死で鍛えられました。

 

確信を持って技術を磨いてきて、やっています。

 

しゃべるのは昔から好きですけど、ただのおしゃべり好きだから教えられているというのでは、ないんですよ〜。

 

 

そしてそれから。

技術だけじゃなく、今私には

「解剖学、楽しい!」

「これ、知ってた方が毎日が楽しい!」

という、ハイテンションな気持ちがあります。

 

技術だけじゃなく、その気持ちが、伝わってるのかなあ、と私は感じてます。

 

こないだは骨の形について

「ここのこんなくぼみが生まれつきあるなんて、神さまオシャレすぎませんか⁈」

って熱く語ってやや引かれましたので、このテンションのコントロールは今後の課題なわけですが。

 

 

私は今やっている仕事、好きでやってるので楽しいし、それを相手に届く形にして伝えるのは得意なことなので、これからも私をうまく使ってくださいね!

施術中に訊きまくってくださっても、なんか講師で呼んでくださっても。