ゆまにて日記

京都・左京区の鍼灸院 女性鍼灸師ゆにからの毎日のお知らせ

それも風邪であった!

f:id:anyuni:20171016212858j:image

 街で見かけたお店。これがブランド名らしい。行ってみたいな〜。

 

最近、めったなことでは機嫌が悪くなったり気分が落ち着いたりしないようになったなあ、と思っていて、それはもう、やりたいことしかやってないという仕事と生活になっている、ということがもちろんあるけれども、

 

やっぱり体が健康であるということが大きいんです。

 

そして、ちゃんと食べて(詳しくは一言では言えない)、ちゃんと寝ているから。

生活がちゃんとしている。

 

 

それが、ここ数日急に寒くなってきて、雨が続いた昨日、所用で外を歩いていたら、あれよあれよといううちになんだか気分がふさいできて、荷物が重いこととか足が重いこととか、いろんなことがいやな気持ちになってきて…

混み合ったバスで家に帰ってきてからもどうも気分が冴えない。

 

そしてちょっと横になってみたとき(だいたい昼間から横になりたいあたり体調がいまいち)、

「あ、これ風邪か」

と気づいて、葛根湯をお湯でとかしてふうふうしながら飲みました。

 

その時の様子。

・「寒気」なのか「ほんとに今日は寒い」なのか微妙な寒さ

・足の冷えとだるさ

・おなかがあまりすかない感じ

・喉の奥が乾いたような、痛いような、痛くないような微妙な感触

・なんだか気分が落ち込む

 

 

そこからご予約の方の施術をして、終わったら洗濯をして、夕食は摂らずに、葛根湯をもう一服、熱めのお風呂に入って「科捜研の女」の録画をだらだら見ながら、首のうしろにうっすら汗をかきつつ、布団に入って早寝。

 

それでもう、大丈夫。

 

葛根湯が「風邪のひきはじめにしか効かない」ということはだんだん認識されてきているとは思うけど、「風邪のひきはじめ」がどんな感じか、というのはまだわかってもらえてないかな、と思います。

 

鼻水が出てきたとか、咳が出てきたとかになってくると、それは「ひきはじめ」ではなくてもう、風邪なんですよ〜。

 

葛根湯が効く「ひきはじめ」は、昨日私が体験したような、「なんか変、かもしれない」という程度のことなんです。

そのタイミングで大事にしてやれば、風邪をひかないですみます。

 

でもそういう「なんか変」って、日常疲れていたり忙しくして自分のからだをよくみていないと、気づきにくいことだとは思います。

 

だからこそ、日常をできるだけ元気に、機嫌よく過ごしていることが大事だな、と改めて思います。

 

これからも機嫌よく生きていこうっと!