読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆまにて日記

京都・左京区の鍼灸院 女性鍼灸師ゆにからの毎日のお知らせ

ゆまにてin Tokyo

f:id:anyuni:20160911214700j:image

 

東京です。

 

2か月に1度の東京出張、続けて来てくださる方が多くて、90分の枠なのですが、

 

この2か月どうでしたか?

今日はどんな様子ですか?

今度会えるまでどうしましょうか?

という話を聞いて、私からも伝えて、相談して作り上げて、

 

ってそれだけでも大変なのに鍼灸施術までしてるもんだから(逆、逆⁈)、

 

頭と体が大忙し。

 

 

来てくださってる方が言ってらしたように、

「カスタマイズ寺子屋

なんですよね。

 

いまのその人の生活で、どうやったらよりよくしていけるか?を一緒に考えてます。

 

早寝早起きして下さいね、って言ったって、

仕事から帰宅するのが23時だけどどうする?

赤ちゃんが夜中にまだ数時間おきに起きるけどどうする?

 

それぞれに、いろんな設定があるから、「こうするといいよね」をそのまま当てはめることはできないこともある。

それを、せめてこれだけは!とか、代わりにこれで!とかで、埋める方法を考える。

「埋まらない」を確認することになることもある。それでも、「それがわかる」っていうのも大事なこと。

 

 

東京の方は2か月に1度だからそういう場だ、ということがわかりやすいけど、京都の通常の場面でもそれはできてるのかな、っていうことを振り返ってみたりしています。

もっといい場にできるよな。うむ。

 

 

 

それから。

横浜に3年間住んでいた頃通った道を歩いていたら、いろんな思いがふわ〜っと浮かんできて、でもそれをただ眺めていました。

感情って、毎日自分が使っている意識の下に、すっかりしまわれていて、でもなくなってるわけじゃないんだな、と思った。

まあこの話は自分メモなんでこの辺で。

 

 

 

 

広告を非表示にする