ゆまにて日記

京都・左京区の鍼灸院 女性鍼灸師ゆにからの毎日のお知らせ

その「普通」、ふつうですか??

初めてゆに鍼灸院に来ていただいたときには、ゆっくりとお話しを伺います。
肩がこる、腰が痛い、で来ているのに「お通じはどうですか?」「夢は見ますか?」「車酔いはしますか?」と、何の関係があるの??と思うようなこともお尋ねしますが、実は関係があることもあるのです…それは施術のときにお話ししますね。

 

さてそのお話のときに、「冷えますか?」「むくみますか?」ということを尋ねて、それはないですね、と答えられた方が、施術が終わったあと、
「足があったかい!すっきりして軽い!」
と言われることが、けっこうあります。

あったかくて、軽く感じる、ということは、冷たくて重〜い感じが、あったのかもしれませんね。


「別に具合悪くないけどなあ」と思ってる「普通」、もうちょっとバージョンアップできるかもしれません。

「それまで普通やったのに、急にものすごく痛くなったんです」
っていうの、もしかしてその「普通」、すでに調子が悪かったのかもしれません。


「普通」の感じかたが変わると、「ちょっとおかしいな」の段階で気づけるようになるので、大きく崩れることが少なくなります。

普通を計るものさし、一緒にお探ししますよ〜。