読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆまにて日記

京都の鍼灸院(とか)、「ゆまにて」のできるまでとそれから

往診道具の箱

f:id:anyuni:20150202181125j:plain

箱根まで、寄木細工の箱を買いに行きました。

 
太田木工さんの道具箱。


- OTA MOKKO - 小田原,神奈川,寄木細工,太田木工,太田憲

 

去年の春頃かな、伊勢丹であれはなんだろう、箱根か神奈川の物産展のようなことをやっていたときに、道具箱を見かけて、これはいつか欲しい、と思っていたもの。

 

今年のお正月に京都に帰っていた時にも、京都の高島屋に突然ひとつだけおいてあったのに出会って、これは早くいかなくては!という気持ちになりました。

 

往診に行くようになり、神奈川を離れることが決まり、記念に、と工房まで行くことにしました。

箱根の名産、寄木細工はすごく手間がかかっていて、お値段もそれなりにするものなので、どうせなら選んで買いたいから。

 
工房のおとなりに小さく作られたお店で、奥様がお相手してくださいました。
私よりも少し若いご夫妻で、伝統的な技法に現代的なセンスを加えた素敵なものがたくさん並んでいて、あれもこれも欲しくなってしまいました。
 
迷いに迷って選んだこの柄も、伝統的な模様だそうです。
でも、黄色や紫が入っていてモダン。すべて天然木の色だそう。木にもいろいろな色があるのね。
 
小田原の工房に行くついでに、あくまでもついでに、箱根で温泉に入って、ロマンスカーで都内へ往診に行ってから横浜に帰宅。移動の長い月曜。
広告を非表示にする