ゆまにて日記

京都・左京区の鍼灸院 女性鍼灸師ゆにからの毎日のお知らせ

漢方カウンセリング3回目 ククサ

f:id:anyuni:20141126090304j:plain

 

てらじんさんのところでの、漢方カウンセリング3回目。お薬の種類も3クール目に入った。

 

 

カウンセリングは月イチ毎回1時間くらい、と、私が鍼灸師なのでたいてい関係ない雑談が加わって90分くらいになってしまう。

 

私の体の、これまでの長い蓄積と、季節の変化、日々のライフスタイルなんかを全部ひっくるめて、しかも実費なので市販薬を服用量や回数を変えたり、生薬を足したりしての完全オーダーメイド。

 

今回からはさらに、自分で体の様子を観察して加減するというのが加わって、薬剤師の先生と私とでタッグを組んでる感じ。

 

要するにすごく面白い。

 

ディープクレンジングは佳境に入り、きれいになったところに新たに足りない分を足すという段階に入っています。

 

自分の奥の奥の方の、長く淀んで塊になっていたような所にも流れが届き始めて、根底が揺るがされるような感じになる。

 

 

瘀血が動くとき、からだに記憶されていたことがぶわっと出てくることがある、という話をきいた。

からだにはめまいとかで出てくることもあって、寝込んでしまう人もいるんだって。

 

東洋医学の面白いところで、それは体だけでなくメンタルな部分にも影響してくる。

 

いま多分、長く淀んだ瘀血が動いてきている。

今まで飲み込んで奥にしまってきたことが出てくるし、今までみたいに飲み込むことができない。

 

要するに素直に腹立つな!ということが増えてる。

なんか、健康な気がしていいなと思う。

 

 

毎日、面白い。何が出るのか。

 

鍼灸師としてすごく勉強になるし、活かしていけると思う。

あと、漢方と鍼灸が組む方法を探っていきたい。

てらじんさんがプロフェッショナルすぎて、自分でできるようになろうとは思わない。それもよかったと思う。

 

てらじんさんが作ってくれた自家製チャイがすごく美味しくてあったまる。材料と配合が最高だもんな。

帰りがけには庭の植物と漢方の話、からよしもとばななさんの話。

ばななさんは作品の中に、みんなが自立して働くということをずっと込めているんだ、というような話ができて、なんだかうれしかった。

 

 

帰りに伊勢丹に寄ったら、北欧のものを売ってて、ククサをすごく欲しくなったんだけど、これは人に贈ってもらった方がいいということで、今回はトナカイの角でできたキーホルダーだけにした。