ゆまにて日記

京都・左京区の鍼灸院 女性鍼灸師ゆにからの毎日のお知らせ

出会い、はじまり 不動産やさん

体調を崩して京都に帰省。

 

今年のはじめから、いまの仕事を今年で辞めて、次に進もう、と考えてはいたけれど、じゃあ「次」はなんなのといえば具体的にはアイデアはなし。

ぼんやりと、こんなことがやれたらいいなという程度にしか持っていなかった。

 

それでも「やっぱり京都に住むのがいいかな。いくらぐらいかかるんやろ」と思って、ふらっと、近所の不動産屋さん、Contemporary cocoon room 702 http://www.ccr702.com/index.html へ。

ちょっと変わった不動産屋さんで、私の好きな、「古くてええ感じ」の物件を扱っているところ。

 

前にも行って、「いつか鍼灸院やりたいんですよね〜」とか言っていろいろ見せてもらっていたのを、ほんとにやろうと思うんですけど、と尋ねてみたところ。

「一昨日出たばっかりで、まだ間取り図も手書きなんですけど…」

と、法然院にある町家を紹介してくれた。いまは糸と布を売る素敵なお店が入っていて、年内で出られるとのこと。

 

予算はどれくらい考えてはります?とかS田さんに尋ねられるも、

「いや、全くなんも考えてないです」

としか言えないほどノープラン。

 

それでも、

「明日横浜に帰らはるんやったら、とりあえず見に行きましょ」

と、水色のFIAT500(いつか乗りたい)に乗せて連れて行ってくれたS田さんに本当に感謝している。

 

あのアクションがなかったらきっと何も起こってなかった。

 

「大家さんが、誰でもええというわけでもないということで…」ということで非公開物件だったのを、出して下さったことにも感謝。

家についたら、大家さんも電動自転車でかけつけてらして、上記の話を聞いてただけに

「これは一種の面接やないかい…!!」

と、つとめて感じ良く(姑息)、いま自分がここでやりたいこと、をお話しする。

 

なんや、こんなことやりたいんや、って、もやっとしてたことが、あの家にいたらすらすらと出てきてテンションが上がって、びっくり。

 

とにかく、何を見ても「わあ、素敵!」「住みたい!」ばっかり言ってた。

 

家に帰っておかんにそのことを話したら、

「そのお店、お母さんしょっちゅう行って布買ってたわ〜。あそこはええよ、ええわあ」。

そんな偶然まであるの!とますますテンションが上がる。

 

が、お家賃のことを考えるとまだまだ調子には乗れないのであった…。

 

翌日、おかんと一緒に店の前わざわざ通ってもう一度見て、そしたらお店の人が出てきてくださって中も見せてもらって(開店前なのに)、いいなあ、いいなあとまた言って横浜に戻った。