ゆまにて日記

京都・左京区の鍼灸院 女性鍼灸師ゆにからの毎日のお知らせ

こつ9 「知っている」ことの力を知る

「元気に暮す20のこつ」を毎日ひとつずつ更新しています。

「知っている」ということだけでも、力になる。

行動できれば、なお良しだけど!

まずは知ることから。

f:id:anyuni:20180201112105j:plain

 

ここまで8つの「こつ」をお伝えしてきました。

 

特別なことは何もない、けど、たったいま毎日やるのは難しいな、と思った人もいるんじゃないでしょうか。

 

でもまずは、「知ってる」っていうことだけでも何かが変わる部分もあります。

 

「そうか、なんか調子出ないと思ったけどこれが理由だったのか〜」

という、「どうしてなのかわかる」というだけで、少なくとも気分が落ち着く、ということもあるから。

「体質だから」「そういう年齢だから」と片付けていたことに、ちゃんと理由がある、ということがわかる、というだけでも変化です。

 

そして、同じように「体に負荷がかかっている」ことでも、それを知らないままでいるのと、それをわかってやっているのとには違いがあります。

 

もちろん、わかった以上はそのままにしておかないで、少しずつでも変える行動をしていく方がいいし、そうしないと本当の意味では変わりません。

でもまずは、「わかること」「わかろうとすること」から。

 

「わかってるけど、できない!」については、まあ、おいおい変えていけばいいので、あんまり気にしすぎないようにしましょう。そのうちできる、わかってたら!

こつ8 「夜に寝る」のが大事

「元気に暮す20のこつ」を毎日ひとつずつ更新しています。

「夜に寝る」のが大事。

昼間に寝るのは、夜寝るのの代わりにはなりません。

 

f:id:anyuni:20180201112316j:plain

 

睡眠をとることは、他に代わりの効かない大事な休養。

 

そして中でも、「夜に眠る」ことがとても大切なんです。

 

人は朝明るくなると活発に動けるように反応するようにできています。

疲労を回復し、体のいろいろな組織を修復する成長ホルモンは、深く質のいい睡眠のときにしっかりと出てくれますが、昼間の明るい時間に深い眠りを作るのは難しいものです。

 

東洋医学の考え方でも、

日の出ている時間は「陽の時間」、活動してエネルギーを発散する時間。

日が沈んだ後は「陰の時間」、陰の要素、「形のあるもの」を修復する時間とされています。

 

休むべき時間でない昼間に、質の高い休息を取るのは効率がよくないんです。

夜は寝る時間、としっかり意識して、朝、昼間の時間を有効に使いましょう。

 

また、社会のたいていの活動は朝始まるわけですから、そこをずらさないようにするには、夜眠った方がスムーズですね。

(夜勤のある人は大変です!そもそも、夜に動いていることには負荷が余分にかかっているととらえて、休息を多めに、できるだけ昼間でも暗くして休みましょう)

 

こつ7 「食べすぎる」こと自体が負荷になる

「元気に暮す20のこつ」を毎日ひとつずつ更新しています。

「食べすぎる」こと自体が、からだの負荷になっています。

からだだけでなく、気持ちも疲れます。

 

f:id:anyuni:20180201112301j:plain

 

食べすぎて、摂るエネルギー量が消費するエネルギー量を超えていると、太ります。

 

太りすぎていていいことは何もないわけですが、それ以前に、「食べすぎている」こと自体も、体に負荷を与えています。

 

食べたものを消化する、ということはすごくエネルギーのいることで、それ自体で体が疲れます。

 

東洋医学の考え方では、食べ物から栄養を取り出すのは「脾(ひ)」という臓腑の役割ですが、「脾」は「思」という感情も担当しています。

なので、「脾」が疲れると、「思い悩む」「くよくよする」「考えがまとまらない」などの、気持ちの問題も起こってきます。

 

食べすぎが続くと脾=おなかが疲れてきて、「ちゃんと食べられているか」ということを感じる力が弱り、ますます、食べるべき適切な量がわからなくなります。

そして食べすぎてしまう。

そしてますます、量がわからなくなって、「食べすぎた…」と「くよくよしてしまう」。

 

なんだか食べすぎてしまう、というときは、一度踏みとどまって、食べるのを控える。

そうすると考えがしっかりまとまって、ブレーキがききやすくなりますよ。

こつ6 休まないと治らない

「元気に暮す20のこつ」を毎日ひとつずつ更新しています。

休まないと、治らない

f:id:anyuni:20180201112255j:plain

 

「休養」をとらないと、「回復」しません。

 

毎日、仕事をしたり家事をしたりして働いて消費した分は、休まないと回復しません。

 

風邪やその他の病気にかかったとき、今なにか抱えている症状があるとき、それを「治す」のにまた、エネルギーを使います。

 

と、いうことは、日常生活を送っていて、日常生活を続けたままで、例えば風邪を治すには、エネルギーの収支が足りません。

「治す分」のエネルギーを取ることができないからです。

 

日常生活に毎日余裕があって、元気がありあまっている、という人はともかく、毎日の生活をこなして、寝て起きて次の日を過ごすとまた夜疲れて寝て、むしろ週末はくたくた…みたいな人が、日常生活の活動量を減らさないで、風邪やその他の不具合を回復させることは、できません。

 

「休む」ことは、薬を飲んだり何かを食べたりすることでは代わりができません。

風邪薬を飲んで、日常生活をそのまま続けたら、治りません。

 

 

「働く」以外にも、何か活動をすれば、エネルギーを消費するし、消耗します。

だから、「休みの日に遊ぶ」ことでも、疲れます。

ストレス解消に何かべつのことをやりたい、いつもと違うところへ行きたい、という気持ちもわかりますが、体を休ませる、ということをまず確保しないと、「からだ」は満たされませんよ!

 

 

生活から何かを減らす、ということも考えていきましょう。

こつ5 「どれだけ」食べるか

「元気に暮す20のこつ」を毎日ひとつずつ更新しています。

「何を」食べるか、よりもまず、

「どれだけ」食べるかを考えてみよう。

f:id:anyuni:20180201112126j:plain


 食べることについて考えるべきことは、こだわりだすとたくさんあります。

 

最近の…のようで実はずーっと、流行りは何か特別なものを食べること。

これを食べたら元気になれる、これを食べろ、これを食べるな。

近頃の流行りは「スーパーフード」でしょうか。

 

それよりもまず、「どれだけ」食べるか、ということを考えましょう。

自分に合った量を食べられているでしょうか。

 

量、といっても「かさ」ではなくて、エネルギー量で考えてみます。

「カロリー」が単位で表される数字です。

 

使うエネルギー量と、飲んだり食べたりして摂るエネルギー量を比べて、

摂るエネルギー量が多いと、太ります。

 

でもこの反対はそう単純でもない人がいます。

やせすぎている人は、摂るエネルギー量が足りなくても、どんどん体重が減る、ということがないことがあるのです。

それ以上やせる前に、

「元気が出ない」「朝起きられない」「体が冷える」

などの「消費エネルギーを減らす」方に体が調整することがあります。

 

「食べすぎて太る」のも問題ですが、やせすぎている人が「食べ足りない」ということも同じように問題です。

 

ちゃんと量を食べられているか、まず考えてみましょう。

 

こつ4 自分に合った運動を

「元気に暮す20のこつ」を毎日ひとつずつ更新しています。

運動には種類があります。

自分に合った、自分に必要な運動を!

 

f:id:anyuni:20180201112208j:plain

 

「運動しなきゃ!」

というのは、特にオトナの合言葉みたいになっているところはありますが。

 

 

「運動」といったとき、何を思い浮かべているか、というのは本当に人それぞれ違うようです。

 

そしてたいていの人が思い浮かべている「健康のための運動」というのは、けっこう大がかりで大変なことが多いみたい。

 

朝早く起きて走りに行くとか、スポーツクラブに入会するとか、ヨガに通うとか。

 

それで、「うわ〜、たいへん…できない!」って思って、何もしない。

そういうことになっている人は多いです。

 

でも、運動にもいろんな種類があります。

そして、自分に合う運動というのはそれぞれ違います。

 

走りに行くよりも、ストレッチした方がいい人もいる。

リラックス系のヨガに行くよりはちょっとがんばる筋トレした方がいい人もいる。

まずは一日数回、肩をぐるぐる回すことから始めた方がいい人もいる。

 

 

今特に「運動」していない人ほど、今必要な「運動」はしんどくもないし、たいへんでもないことが多いです。

しんどくてたいへんな運動ができる状態じゃないですから!

ちょこっとしたことから始めましょう。

 

 

…じゃあ何やったらいいかな?

と思ったら、ゆに鍼灸院に相談だ!→ ゆまにて ゆに鍼灸院

 

 

こつ3 寝るのだいじ

「元気に暮す20のこつ」を毎日ひとつずつ更新しています。

眠ることが最大の回復! 

f:id:anyuni:20180203192527j:plain

 

…他に言うことありません!

以上!

 

と言いたいところですが、もうちょっと。

 

 

運動・栄養・休養の3つのうちで、案外ないがしろにされているのが「休養」な気がします。

 

健康を、元気を作る、というとき、みんな「何かやらなきゃ!」と思いがち。

でも、その前に「休む」を充分にした方がいいです。

何もしないで、眠る、ということ。

案外に、いちばん代わりが効かないことのように思います。

 

とにかく時間を取って、眠る。

眠っている間に、

疲れたり傷んだりした体の組織は再生され、

頭の中の情報は整理され、

混乱した気持ちが一旦リセットされます。

 

眠るだけで。

 

なんだか、頑張っている人ほど「何もしてない」ということが引っかかってしまうのか、眠ることに積極的でないみたいです。

 

でも、忙しい毎日、あらゆる用事を片付けて「眠る時間を取る」のって、実はすごく難しくて、気がついたらいつも少し寝不足…っていう人、多いんじゃないでしょうか。

 

元気になるための何かをする、というのを放棄してでも、しっかりたっぷり眠る、というの、まずやってみてはどうでしょう。